[ 本文へ ]

  • 文字サイズの変更
  • 大きくする
  • 元に戻す
  • 色の変更
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

  • トップページ
  • 生活情報
  • 観光・ブランド
  • イベント・講座カレンダー
  • 市政情報
  • 事業者の皆さんへ

現在位置 : トップページ生活情報保険・年金・介護・医療医療費の給付・貸付 › 乳幼児医療費の給付


ここから本文です。

乳幼児医療費の給付

更新日 2016年7月22日

生まれた日から就学前まで医療費の自己負担額の一部を給付します。
2016年8月1日診療分から給付方法が変わります。(医療機関窓口で医療費受給者証を提示すれば,自己負担額だけの支払いで済むようになります。)

対象者

就学前までの乳幼児が対象です。

給付の内容

医療保険で診療を受けたときに支払った自己負担額から,1診療報酬明細書ごとに入院外1月750円,入院1月2500円を差し引いた額。
(3歳未満児と住民税非課税世帯の人は,医療保険で診療を受けたときに支払った自己負担額が給付されます。)

(注)ただし,健康診査,入院時の食事代や差額ベッド料,往診の車代などの医療保険の対象外の費用については給付されません。

受給者証交付申請に必要なもの

  1. 母子健康手帳
  2. 健康保険証(赤ちゃんが加入するもの)
  3. 妊産婦医療費受給者証(転入した人は不要)
  4. 保護者の所得が確認できる書類
    (注)課税年度の1月1日に盛岡市に住所がある場合は原則として不要です。
    • 市民税・県民税特別徴収税額の通知書(納税義務者用)
    • 市民税・県民税納税通知書(課税明細が記載してある部分)
    • 所得証明書(所得額,控除額,扶養人数,課税・非課税の記載があるもの)
      (注)源泉徴収票での手続きはできません。
      (注)出生月(転入月)が1月から7月までの場合は前年度(前々年分所得)の書類ただし,7月以降に手続きする場合は,前年度と今年度(前年分所得)の2年分の書類が必要です。
  5. 預金通帳(受給者本人または保護者のもの。)
  6. 印鑑

給付を受けるには

<2016年7月31日診療分まで>

  1. 医療機関の窓口に受給者証と保険証を提示したうえで,医療費助成給付申請書(ピンクまたはグレーのA5版)を提出する。
  2. 自己負担額を支払う。
    • 後日(3カ月後),給付額が口座に払い戻されます。
    • 高額療養費に該当する場合は,原則として委任状をいただき,盛岡市が手続きをします。
    • 医療費助成給付申請書(ピンクまたはグレーのA5版)はコピー使用不可です。

<2016年8月1日診療分から>

  1. 医療機関で診療を受けるときに,医療機関の窓口に受給者証と保険証を提示する。
  2. 自己負担額を支払う。(1診療報酬明細書ごとに入院外1月750円,入院1月2,500円。3歳未満児と住民税非課税世帯の人は支払いはありません。)
    (注)市から給付した医療費の他に,加入している健康保険から付加給付及び高額療養費の給付を受けた場合は,給付額の一部又は全額を返還していただくことになりますので,あらかじめご了承ください。

ただし,岩手県外の医療機関にかかった場合や,受診月に上記の給付申請書を提出しなかった場合,公費負担のあった場合は,「乳幼児・妊産婦医療費給付申請書」(A4版)に領収証(コピー可)を添付するか,医療機関から自己負担額の受領証明を記載してもらい,盛岡市の窓口に提出し,給付手続きを行ってください。

申請の窓口は

  • 盛岡市役所本館2階 医療助成年金課
  • 盛岡市役所都南分庁舎1階 都南総合支所
  • 盛岡市役所玉山総合事務所 健康福祉課

このページに関するお問い合わせ

市民部 医療助成年金課
〒020-8530 盛岡市内丸12-2 盛岡市役所本館2階
医療助成担当
電話番号:019-626-7528 ファクス番号:019-622-6211
国民年金担当
電話番号:019-626-7529 ファクス番号:019-622-6211
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページの上へ