[ 本文へ ]

  • 文字サイズの変更
  • 大きくする
  • 元に戻す
  • 色の変更
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

  • トップページ
  • 生活情報
  • 観光・ブランド
  • イベント・講座カレンダー
  • 市政情報
  • 事業者の皆さんへ

現在位置 : トップページ市政情報市の政策・企画 › 国際リニアコライダー計画


ここから本文です。

世界にただひとつ 国際リニアコライダーを東北へ

更新日 2015年3月3日

市長メッセージ

国際リニアコライダーの国内の建設候補地がILC立地評価会議の皆さんによって,岩手,宮城にまたがる北上山地に決定されました。

国際リニアコライダーは,産業技術全般にわたる技術革新を促すとともに,地域経済の活性化や雇用創出,教育などの面で,大きな意義があります。

本市にとっても,産業振興や雇用など,さまざまな面において効果が期待されています。
特に,子どもたちにとっては,知的好奇心の向上や,科学的な物の見方を深めることにつながるなど,盛岡の将来を担う有為な人材の育成につながります。 また,東日本大震災からの復興においても,大きな原動力となります。

私自身も,2013年4月にスイス・ジュネーブにある「欧州合同原子核研究所(スイス・ジュネーブ郊外にある世界最大規模の素粒子物理学の研究所)」を訪れ,関係者と懇談し,国際リニアコライダー建設の重要性を実感してまいりました。

2013年8月,国内候補地が一本化されましたが,国はまだ国際リニアコライダーの日本への誘致を判断していません。

盛岡,岩手,そして東北の未来のために,市民の皆さんと一体となって,国際リニアコライダーの建設実現に今後とも取り組んでまいりますので,ご理解・ご協力をお願い申し上げます。

欧州合同原子核研究所(CERN)視察


CERN
関係者へ熱意を伝える視察団(写真左・谷藤市長)

視察写真
フェルネーボルテール市長から話を聞く谷藤市長


谷藤盛岡市長は,2013年4月11日から岩手県国際リニアコライダー推進協議会主催の視察団の一員として,欧州合同原子核研究所(スイス・ジュネーブ)を訪れ,本県誘致の熱意を関係者へ伝えました。また,多くの研究者が生活するフランス・フェルネーボルテール市を訪れ,フェルネーボルテール市長から現地の生活や研究者の家族の受入れ態勢などについて話を聞くなど,情報交換をしました。

国際リニアコライダー計画

国際リニアコライダー(ILC)は,地下約100メートルに全長31キロメートルから50キロメートルの直線トンネルを掘って建設される超大型の線形加速器で,物質の根源や宇宙誕生の謎の解明に向けた実験を行うために,世界に1つだけ建設される大型実験研究施設のことです。

ILCの建設国内候補地については,2013年8月に研究者によるILC立地評価会議により,東北地方の北上山地に一本化されました。国は日本学術会議の提言を受けて,提言に示された事項について調査検討するため,有識者会議を2014年5月に設置し,誘致の是非を判断するため,検討を進めています。

ILCは,産業技術革新の創出を促すとともに,教育や医療,文化育成の面で大きな意義があり,最先端の科学技術や地域の国際化が次世代を担う子どもたちの未来に大きな影響を与えることが期待されています。

また,東日本大震災からの復興に全力で取り組む東北の地にILC建設が実現すれば,国際的な科学拠点として世界に対し日本が大きく貢献するのみならず,東北地方全体への大きな波及効果を通じて東北の復興が一段と促進されると期待されます。

ILCの地下構造イメージ図
国際リニアコライダーの地下構造イメージ図

盛岡駅前観光案内ビジョンにおいて,国際リニアコライダーについて紹介しています

盛岡駅前観光案内ビジョン
盛岡駅前観光案内ビジョン

盛岡駅前滝の広場に設置されている盛岡駅前観光案内ビジョンにおいて,2016年に開催される「希望郷いわて国体」の開催競技および会場施設のお知らせなどとともに,「Cool Kitakami(日本語版)ILC編」の映像により,国際リニアコライダーを紹介しています。
盛岡駅を訪れた際は,ぜひご覧ください。

国際リニアコライダー市民講演会を開催(2015年1月25日)

国際リニアコライダー市民講演会第2部
第2部対談 神山浩樹さん

2015年1月25日,「国際リニアコライダー市民講演会」(主催 盛岡市,盛岡市教育委員会)が,松尾町の盛岡劇場で開催されました。

第1部は,高エネルギー加速器研究機構(KEK)素粒子原子核研究所 講師である藤本順平さんが「子どもから大人まで宇宙の謎にのぞむ」をテーマに講演。第2部では第1部講師の藤本順平さんとIBC岩手放送アナウンサー・気象予報士である神山浩樹さんが「宇宙はなにからできているの?国際リニアコライダーってなんだろう?」をテーマに対談。ILC建設の意義や今後の課題などについて意見を交わしました。

国際リニアコライダー市民講演会を開催(2013年5月25日)


講演会第2部
第2部の講演風景

2013年5月25日,「国際リニアコライダー市民講演会」(主催 盛岡市,盛岡市教育委員会)が,松尾町の盛岡劇場で開催されました。第1部は,高エネルギー加速器研究機構(KEK)素粒子原子核研究所 研究機関講師である藤本順平さんが「宇宙の始まり,ビッグバン,ILCについて」(KEKキャラバン)をテーマに講演,また第2部では岩手県政策地域部政策推進室ILC推進監 千葉彰さんが「国際リニアコライダー東北誘致について」を講演し,会場に訪れた約220人の参加者は熱心に耳を傾けていました。

関連情報リンク

このページに関するお問い合わせ

市長公室 国際リニアコライダー推進事務局
〒020-8530 盛岡市内丸12-2 盛岡市役所別館8階
電話番号:019-626-7534 ファクス番号:019-622-6211
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページの上へ