身近な方が新型コロナに感染した時の対応

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1039019  更新日 令和4年5月12日 印刷 

盛岡市では、重症化リスクが高い患者の方を迅速かつ的確に必要な医療につなげることを念頭に、これまで保健所が行ってきた積極的疫学調査(行政によるPCR検査)の対象を重症化リスクの高い高齢者等や介護福祉施設等に重点化します。
このため、その他の対象者の方々や職場等においては、保健所からご連絡をせず、自宅待機(外出自粛)とご自身による健康状態の確認等をお願いしています。

このページでは、身近な方が新型コロナに感染した際の、市民の皆様にお願いする対応の手順や留意事項等をまとめています。ご参照の上、もしもの時に備えていただくとともに、ご自身や身近な人が新型コロナに感染したときには、ご対応をお願いします。

なお、すでに体調不良を訴えている方や緊急性が高い方がいらっしゃる場合は、ご自身で事前に電話で問い合わせのうえ、かかりつけ医や診療・検査医療機関を受診して下さい。なお、診療・検査医療機関は岩手県のホームページでご確認いただけます。

陽性者から「濃厚接触者」と連絡を受けたら

陽性者と最後に接触した日の翌日から7日間の自宅待機(外出自粛)をお願いします。待機期間中は検温等ご自身で健康観察を行い、リスクの高い場所の利用や会食等を避け、マスクを着用する等の感染対策をお願いします。

症状がある方や待機期間中に症状が出現した場合は、かかりつけ医または診療・検査医療機関に相談の上、受診してください。

より詳しい内容については、このページに記載がありますので、ご一読くださいますようお願いいたします。。

身近な方が陽性者になった場合の対応

濃厚接触者の方へ

濃厚接触者とは

陽性者の感染可能期間(陽性者の発症日(無症状の場合は検体採取日)2日前から入院(または宿泊療養等)するまでの期間)に接触のあった人のうち、以下の範囲に該当する方
  • 同居家族
  • 必要な感染予防策(※)なしで陽性者と会話、食事、カラオケ、喫煙等をした方
  • 長時間、車内で過ごした方
  • 適切な感染防護(マスクの着用など)なしに患者を診察、看護もしくは介護をした方
  • 患者の唾、鼻水などに直接触れた又は、それらが付着したものに触れた可能性のある方で、その後手洗いやアルコール手指消毒をしなかった又は、不十分だった方。

※必要な感染予防策とは、不織布マスク(または同程度以上の効果があるもの)を正しく着用している状態をいいます。鼻出しマスクやあごマスクは不適切な状態となります。

濃厚接触者への連絡

濃厚接触者の方には原則、陽性者本人から対象者へ連絡をします。

なお、陽性者本人からの連絡がなくても、濃厚接触者であると自らまたは事業者が判断する方についても、濃厚接触者となります。

ご自身が濃厚接触者であると思う方は、速やかに自宅待機をお願いいたします。

陽性者が児童、生徒または学生や、施設入所者(利用者)の場合、学校(クラスやクラブ活動などを含む)や施設単位で行政によるPCR検査の協力を要請する場合がございます。その場合、学校や施設を通して検査の案内や検査結果の連絡を差し上げますので、お問い合わせは各学校や施設へお願いいたします。保健所では個別にお答えしておりませんのでご了承ください。

濃厚接触者へのお願い

陽性者と最後に接触した日を0日目とし、7日間(8日目解除)の外出自粛(自宅待機)をお願いします。

(例:1月1日が最終接触日の場合→自宅待機期間は1月8日までとなり、9日が解除日となります。)

ただし、陽性者と最後に接触した日の翌日から14日間を経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認や、人ごみなど感染リスクの高い場所の利用や会食を避けること、正しくマスクを着用すること等の感染対策をお願いします。

自宅待機期間中に症状がある場合は、必ず濃厚接触者であることを電話等で伝えてから、かかりつけ医や診療・検査医療機関を受診して下さい。

濃厚接触者となった方へのお願い

濃厚接触者の自宅待機期間の行動について

(1)外出を自粛してください

  • 食糧品や生活必需品の購入が必要な場合は、濃厚接触者ではない同居や別居のご家族や知人にお願いしましょう。また、インターネット通販なども活用しましょう。(受け渡しは非対面、宅配ボックスの利用不可。)
  • 同居家族がいない、頼れる人がいない等の理由で濃厚接触者ご自身が外出する場合は、必ず不織布マスク(または同程度以上の効果があるもの)を着用し、人の少ない時間帯に、短時間で、感染対策を徹底してお出かけください。(公共交通機関は御使用できません。)

(2)家庭内での感染対策を行ってください

  • 同居の御家族がいる場合、家庭内でも全員が不織布マスク(または同程度以上の効果があるもの)を着用しましょう。
  • 可能な範囲で別の部屋で過ごしましょう(自己隔離)
  • できるかぎり食事は別々に食べましょう。
  • 共有部分(スイッチ、ドアノブ、トイレなど)はこまめにアルコール等で消毒しましょう。
  • 換気はこまめに行いましょう。
  • タオルや食器の共有は避けましょう。
  • お風呂は最後に入りましょう。

家庭内での感染対策は、以下の資料を参考にしてください。

なお、家庭内での感染が拡大していることから、家庭内での十分な感染対策が困難な場合は、濃厚接触者の同居のご家族も可能な限り、同居の濃厚接触者と同期間の自宅待機を推奨します。

(3)自主的な健康観察を行ってください

毎日体温を測り、記録しましょう。また、普段と違う体調の変化がないか、新型コロナを疑う症状がないかなど、いつも以上にご自身の体調変化に気を配りましょう。

自宅待機中に新型コロナを疑う症状がある場合は、かかりつけ医や診療・検査医療機関を受診してください。

受診する前に必ず、濃厚接触者として自宅待機中であることを、医療機関に伝えてから受診しましょう。

医療機関への受診について

濃厚接触者として自宅待機期間中に症状がある場合は、かかりつけ医や診療・検査医療機関を受診してください。

診療・検査医療機関の一覧は岩手県のホームページでご確認ください。

医療機関を受診する場合、必ず濃厚接触者であること、自宅待機期間中に体調不良になったことを医療機関に伝えたうえで受診してください。

なお、医療機関での受診は一部費用負担が発生します。

身近にかかりつけ医がないなど、相談する医療機関に迷う場合は、下記リンク先の「受診・相談センター」に電話でご相談ください。

岩手県 受診・相談センター(コールセンター)

電話:019-651-3175(ファクス:019-626-0837)
受付:24時間全日(土日祝日を含む)

盛岡市 受診・相談センター

電話:019-603-8308
受付:平日月曜日から金曜日、午前9時から午後5時

濃厚接触者の同居のご家族へのお願い

同居家族に陽性者がいない場合

同居家族に陽性者がいない(濃厚接触者のみ)の場合、同居のご家族への行動制限はありません。

しかし、家庭内での感染が拡大していることから、家庭内での十分な感染対策が困難な場合は、濃厚接触者の同居のご家族も可能な限り、同居の濃厚接触者と同期間の自宅待機を推奨します。

(例)同居する乳児、幼児、児童が家庭内でマスク着用を徹底できない等

また、濃厚接触者である同居家族がPCR検査の対象となる場合は、検査結果が判明するまでは外出を控えてください。

所属先(会社、学校、保育園等)によって取り決めがある場合もありますので、「同居家族が濃厚接触者になった」旨を所属にご相談ください。

同居のご家族が陽性となった場合

同居家族に陽性の方がいる場合、同居家族は濃厚接触者となりますので、自宅待機(外出自粛)となります。できる限り外出はお控えください。

以下のリンク先の「陽性者の同居家族の方へ」を参照ください。

濃厚接触者に関するよくある問い合わせ

自分は濃厚接触者になるか?

陽性者とどのような状況で、どの程度接触したかによって判断します。

陽性者本人に確認いただくか、上記「濃厚接触者とは」をご確認いただき、ご自身で判断願います。

自身が濃厚接触者になったので受診したい

必ず濃厚接触者であることを電話等で医療機関に伝えたうえで受診してください。医療機関での受診は一部費用負担が発生します。

なお、PCR検査センター盛岡店や、岩手県が「感染拡大傾向時の一般検査事業」として実施している調剤薬局等でのPCR検査は、濃厚接触者や症状のある方は対象外ですのでご注意ください。

 

濃厚接触者であることの証明書が欲しい

濃厚接触者の方への証明書は発行しておりません。ご了承ください。

PDFファイルをご覧いただくには,Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイトからダウンロード(無料)してください。

よりよいウェブサイトにするために,このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

保健所 企画総務課
〒020-0884 盛岡市神明町3‐29 盛岡市保健所6階
電話番号:019-603-8301 ファクス番号:019-654-5665
保健所 企画総務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。