宿泊療養・自宅療養者に係る医療費公費負担について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1039411  更新日 令和4年4月25日 印刷 

 宿泊療養又は自宅療養の対象となった軽症者等が、療養期間中に医療機関等で受診した新型コロナウイルス感染症に係る医療費は公費負担の対象となります。

宿泊療養・自宅療養者に係る医療費公費負担について

概要

 新型コロナウイルス感染症に係る医療のうち、保険給付後のなお残る自己負担分に相当する金額(以下「自己負担額」という。)については、岩手県が補助します。

(1)対象範囲

 宿泊療養又は自宅療養の対象となった軽症者等に対し行われた「対象となる医療」。

(2)対象となる医療

・宿泊療養又は自宅療養の対象となった方が受けた医療であること

・宿泊療養又は自宅療養を受けている期間に受けた医療であること
(※注意) 療養の認定前や終了後に実施した医療は対象外

・新型コロナウイルス感染症に係る医療であること
(※注意) 新型コロナウイルス感染症に関するものではない医療や感染症に感染していなかったとしても実施されたであろう医療は対象外

(3)対象者への通知

療養終了後に「宿泊・自宅療養中の新型コロナウイルス感染症に関する医療費について」を送付します。本通知を、受診した医療機関等に御持参ください。持参が困難な場合には、医療機関等に電話で必要事項をお伝えください。

 重要:現在、通知の発送までに大変時間を要しております。発送の目安は、療養終了から1か月半前後となっております。

<よくある質問>

Q1.医療機関で検査を受けた当日に陽性の確定診断を受けた場合、その日の医療費については、初診料や院内トリアージ料等も含めて全て公費となりますか。

A.初診・再診料や院内トリアージ料、二類感染症患者入院加算等については、公費となりません。確定診断後,解熱剤などの新型コロナウイルス感染症に関連する治療(処方(箋)料、調剤料及び薬剤費(調剤薬局を含む)等)は公費の対象となります。検査費用も公費となります。

Q2.医療機関で検査した翌日に陽性の確定診断を受けた場合、医療費はどのようになりますか。

A.検査した日の初診料・再診料や院内トリアージ料、二類感染症患者入院加算等については、公費となりません。検査費用は公費となります。また,検査した日に、解熱剤などの新型コロナウイルス感染症に関連する治療(処方(箋)料、調剤料及び薬剤費(調剤薬局を含む)等)は公費の対象となります。

Q3.すでに陽性の確定診断を受けおり、療養期間中に医療機関を受診した場合、医療費はどのようになりますか。

A.既に確定診断がされているため、再診料や院内トリアージ料も含めて、すべて公費の対象となります。確定診断をした医療機関とは別の医療機関を受診した場合も含みます。

Q4.自分で検査キット等を用いて検査をして陽性反応が出た後に、医療機関を受診した場合は、初診料や院内トリアージ料等も含めて全て公費となりますか。

A.自分で検査キット等を用いて検査をして陽性反応が出ただけでは、感染症法上の陽性患者とはならず、初診料や院内トリアージ料等は公費となりません。医療機関を受診し陽性の確定診断を受けて以降に実施された医療が公費の対象となります。(電話診療・オンライン診療等も同様)

Q5.他の都道府県にお住まいの患者を診療した場合、公費負担者番号については、どちらの番号を使用したらいいですか。

A.保険医療機関等の所在地に応じて該当する公費負担者番号を使用することになっています。

(岩手県内であれば28030609)

Q6.療養期間終了後、咳やのどの痛み、発熱等の症状が出て、医療機関を受診した場合は、その医療費は公費となりますか。

A.療養期間終了後の医療費については公費となりません。

医療機関の皆様へ

公費負担の対象となる患者自己負担分の費用は、国保連合会または支払基金(以下、審査支払機関)に対し、レセプトにより請求してください。

レセプトには、公費負担者番号:28030609 受給者番号:9999996 を記載ください。

※検査の公費請求は、 公費負担者番号:28031508 受給者番号:9999996 となりますので、お間違えのないようご留意ください。

受給資格の確認については、後日、患者に送付される「宿泊・自宅療養中の新型コロナウイルス感染症に関する医療費について」により確認をお願いします。患者が他院で診断を受け、公費の対象者である旨の確認が必要な場合は、保健所にご確認ください。

新型コロナウイルス感染症の疑いがある者が、翌日以降陽性と判明した場合の、検査当日の会計について

二通りの対応がありますので、ご留意ください。

 (1)検査結果が判明するまで保留としてください。

 (2)結果を待たずに処理する際は、患者への自己負担分の返金事務が発生します。

※審査支払機関を通して手続きをお願いします。

医療費公費負担の対象となる医療について

新型コロナウイルス感染症と診断された後の宿泊・自宅療養中の新型コロナウイルス感染症に係る医療費(往診、訪問診療、オンライン診療、訪問看護、調剤等によるものを含む)

※新型コロナウイルス感染症の疑いがある者に対する医療について

 陽性確定前に実施した薬の処方や診療については、以下の通りとなります。

 陽性であった場合…公費負担の対象(ただし、初診料・院内トリアージ料等は除く)

 陰性であった場合…公費負担の対象とはならず、患者自己負担。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイトからダウンロード(無料)してください。

よりよいウェブサイトにするために、このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

保健所 企画総務課
〒020-0884 盛岡市神明町3‐29 盛岡市保健所6階
電話番号:019-603-8301 ファクス番号:019-654-5665
保健所 企画総務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。