被災者の生活再建を支援します。

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1033941  更新日 令和4年4月22日 印刷 

本事業の実施期間は、令和4年度末(令和5年3月末)までとなります。
  • 実施期間の延長や繰上での終了などに関するお知らせは、このページで行います。
  • 予算には限りがありますので、新規に申請しようとする方は、事前に建築住宅課までお問い合わせください。

申込みできる人

自ら居住する住宅が被災し、り災証明などの交付を受けた人又は被災宅地の所有者など(いずれも同居する家族を含む)で、下記に該当する人です。

1.災害復興住宅建設等資金利子補給補助金

自宅に全壊や大規模半壊(解体済のものに限る。)の被害を受けた人が行う住宅の建設又は購入を目的に借り入れた住宅ローンの利子の一部を補助します。
また、借入れしたときに残っている被災した住宅の債務も対象となります。

利子補給の内容

区分

利子補給の対象となる内容

補給する割合

実施期間

建設又は購入 住宅が被災(全壊又は大規模半壊等で解体済み)した方で、新たに居住目的で住宅の建設又は購入する場合に、民間金融機関などから融資を受けたときに発生する利子

当初5年間(60回分)の利子の一部

(2%以内)
補助対象融資限度額 1460万円

平成23年度から令和4年度まで
既往住宅債務 被災(全壊、大規模半壊、半壊、一部損壊)した住宅の債務があり、その住宅とは別に新たに建設又は購入するために民間金融機関などから融資を受けた場合、被災した住宅に係る債務の利子 5年間の利子の全額を一括補助 平成23年度から令和4年度まで

【注意】建設又は購入に関する補助金額は、取得した住宅の形態、借入額などを基に計算されます。 

補助金交付申請時の提出書類

  • 申請書
  • り災証明書の写し
  • 加算支援金の振込通知書の写し
  • 建物の登記事項証明書の写し
  • 住民票の写し
  • 住宅(建物)の取得に係る契約書の写し
  • 借入先金融機関との金銭消費貸借契約書の写し
  • 償還予定表の写し
  • その他市長が必要と認める書類

補助金交付請求時の提出書類

  • 補助事業完了報告書(様式は、交付決定時にお渡しします。)
  • 請求書(様式は、交付決定時にお渡しします。)
  • 借入金償還済証明書
  • その他市長が必要と認める書類

2.復興住宅取得費補助(バリアフリー・県産木材活用)

自宅が全壊や大規模半壊(解体済に限る。)の被害を受け、新たに住宅を建設又は購入した方で、以下の基準を満たしている場合に、床面積や岩手県産木材の使用量に応じて住宅取得費を補助します。

(1)バリアフリー住宅

バリアフリー住宅とは、住宅の品質確保の促進に関する法律(平成11年法律第81号)第3条第1項の規定に基づく評価方法基準(平成13年国土交通省告示第1347号。以下「基準」という。)第5の9の9-1(3) ハ等級3(住宅の品質確保の促進に関する法律第2条第2項の新築住宅以外の住宅を購入する場合にあっては、基準第5の9の9-1(4) ハ等級3)を満たす住宅をいいます。

バリアフリー住宅取得費への補助内容

住宅の床面積

75平方メートル未満

75平方メートル以上
120平方メートル未満

120平方メートル以上

受付期間

補助額

40万円

60万円

90万円

令和4年度まで

 「住宅の床面積」とは住宅の居住面積で、店舗兼用住宅などでは店舗部分を除きます。

(2)県産材使用住宅

10立方メートル以上の県産木材(岩手県産材認証推進協議会が実施する県産材の産地証明制度により県産材として証明されたもの又は市長が認めたものをいう。以下同じ。)を使用する住宅をいいます。

県産材使用住宅取得費への補助内容

県産材の使用量

10立方メートル以上
20立方メートル未満

20立方メートル以上
30立方メートル未満

30立方メートル以上

受付期間

補助額

20万円

30万円

40万円

令和4年度まで

岩手県産木材の使用量は、住宅の居住部分に使用しているもののみが対象となります。

補助金交付申請時の提出書類

  • 申請書
  • 加算支援金の振込通知書の写し
  • り災証明書の写し
  • 滅失若しくは解体の状況写真又は居住不能であることを証する書類(滅失登記が望ましい。)
  • 建築確認済証及び建築確認申請書(バリアフリー住宅にあっては、平面図を含む。)の写し
  • 登録住宅性能評価機関が発行する評価書又は証明書の写し(バリアフリー住宅に限る。)
  • その他市長が必要と認める書類

補助金交付請求時の提出書類

  • 補助事業完了報告書(様式は、交付決定時にお渡しします。)
  • 請求書(様式は、交付決定時にお渡しします。)
  • 工事請負契約書又は住宅購入契約書の写し
  • 完成写真及び主な基準適合を確認できる写真(バリアフリー住宅に限る。)
  • 県産材であることを証明する書類(県産材使用住宅に限る。)
  • その他市長が必要と認める書類

申請からの支給までの流れ

  1. 窓口(又は郵送)で申請します。
  2. 申請内容に不備等がなければ、1~2週間で市から交付決定通知書を送付します。
  3. 窓口(又は郵送)で補助事業完了報告書請求書類を提出します。
  4. 請求内容に不備等がなければ、1~2週間で指定する金融機関口座に振り込みます。

【注意】
市から交付決定通知がされなければ、請求することはできません。必ず上記の順で手続してください。

相談・受付窓口

電話又は窓口にお問い合わせください。

  • 受付場所:盛岡市役所本庁舎別館8階 建築住宅課住宅係
  • 受付時間:平日の9時00分から17時00分まで

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイトからダウンロード(無料)してください。

よりよいウェブサイトにするために、このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

建設部 建築住宅課
〒020-8530 盛岡市内丸12-2 盛岡市役所別館8階
電話番号:019-626-7533 ファクス番号:019-622-6211
建設部 建築住宅課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。