小学生発案による盛岡城跡公園内の池の浄化大作戦について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1037850  更新日 令和3年12月8日 印刷 

池の水浄化大作戦について

イベント開催のきっかけ

 岩手大学教育学部附属小学校に通う6年生の児童が,夏の自由研究で小学3年生時から盛岡市内各地でトンボの生息状況の調査を行っており,盛岡城跡公園のトンボの生息数が減少してきていることに気付き,公園内の池に多く生息するアメリカザリガニがトンボの幼虫(ヤゴ)を捕食することが原因と推察しました。

 アメリカザリガニは本来あるべき生態系のバランスを破壊し,池の水質も悪化させてしまうことから,これらを改善するためにザリガニ釣り大会を開催したいと盛岡市へ提案をいただきイベント開催に至ったものです。

 本イベントは企画発案者である児童とその御家族が主体となり取り組まれたものですが,盛岡市や(社福)盛岡市社会福祉協議会が後援となりイベント開催のサポートを行いました。

イベントの概要

  • 開催日時:令和3年10月16日(土曜日)
  • 天候 :雨,気温11℃
  • 開催場所:盛岡城跡公園鶴ヶ池(もりおか歴史文化館西側)
  • 参加者数:106名(岩手大学教育学部附属小学校や杜陵小学校等の児童,保護者及び教員,肴町商店街等協力者の方々)
  • 釣果数 :170匹
  • その他 :参加賞としてコスモスの種をラッピングしたもの,盛岡城跡公園おさんぽビンゴカードが児童のアイデアで用意されました。

当日の様子

当日の様子(2)

生徒手作りの参加賞

イベントの意義

 本イベントもまちづくりの一つであり,子どもから大人まで多くの市民が緑や自然に親しみ,身近な環境について楽しみながら考えることができる貴重な機会となったほか,公共空間のつながりや利活用の促進という点においても非常に価値のある有意義なイベントとなりました。

ザリガニの取扱いについて

 アメリカザリガニは特定外来生物に指定されていないものの,生息水域から生きた状態で持ち出すことが厳しく制限されていることから,その場で殺処分を行いました。今後は殺処分後のザリガニの利活用についても検討してまいります。

PDFファイルをご覧いただくには,Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイトからダウンロード(無料)してください。

よりよいウェブサイトにするために,このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

都市整備部 公園みどり課
〒020-8532 盛岡市津志田14-37-2 盛岡市役所都南分庁舎2階
電話番号:019-639-9057 ファクス番号:019-637-1919
都市整備部 公園みどり課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。