盛岡市道の駅設置事業の整備運営手法の検討結果について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1026308  更新日 平成31年4月2日 印刷 

盛岡市道の駅設置事業の整備運営手法の検討結果をお知らせします。

盛岡市道の駅設置事業の整備運営手法の検討結果について

盛岡市官民連携事業取組方針(平成29年3月策定)に基づき、道の駅設置事業について、整備運営手法の検討を行った結果、「公設民営手法とし、PPP手法(DB、DBO手法)の取り入れを検討する」こととなりましたので、お知らせします。(詳細は添付ファイルをご覧ください。)

【参考】
  PPP手法・・・官民連携手法(公共サービスの提供に民間が参画する手法)
  DB手法・・・民間事業者に設計・建設などを一括発注や性能発注する手法
  DBO手法・・・民間事業者に設計・建設・維持管理・運営などを長期契約などにより一括発注や性能発注する手法

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイトからダウンロード(無料)してください。

よりよいウェブサイトにするために、このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

玉山総合事務所 総務課
〒028-4195 盛岡市渋民字泉田360 盛岡市役所玉山総合事務所2階
電話番号:019-683-2116 ファクス番号:019-683-1130
玉山総合事務所 総務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。