アーティストバンク

舞姫☆ちあき☆ (まいひめ ちあき)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID2000527  更新日 令和4年3月12日 印刷 

写真:舞姫☆ちあき☆ 氏

氏名

舞姫☆ちあき☆ (まいひめ ちあき)

ジャンル

役者,ダンサー,振付家

問い合わせ先

maihimechiaki@gmail.com

Web

活動内容

自己紹介

役者,ダンサー,振付家として活動しています舞姫☆ちあき☆(まいひめちあき)です。

2019年から盛岡に移住し盛岡市民になりました。現在は,主に盛岡ー東京を行き来しながら演者としての活動と,劇団などへの振付や身体表現のワークショップをさせて頂いています。みんな違う身体や個性を持つ人間同士,表現を通じて一つになれるような,そんな瞬間に立ち会えると生きていてよかったな〜と感じます。

岩手山に見守られ,大自然と芸術文化が共存する豊かな土地・盛岡で何が出来るのか,まだまだ未知で手探り状態ではありますが,「表現に触れること・表現を体験すること」の楽しさを通じて皆さんとワクワクを共有したい想いです。

ご興味御座いましたら,お気軽にお声がけください。どうぞよろしくお願い致します。

プロフィール

北海道旭川市出身。幼少より表現することが好きで6歳よりジャズ,モダンダンスを始める。2009年日本女子体育大学舞踊学専攻卒業。Noism (りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館専属舞踊団) に所属後,堀川久子氏に舞踏を学ぶ。プロダンサーとして様々な舞台,CM,映像作品等に参加し,音楽家や造形作家など他ジャンルのアーティストと共演。精神性が身体表現と密接に関わっていることを感じ,2012年より北インドに数回渡りハタヨガを学び,現在に至るまで1000時間以上のヨガトレーニングを修了。都内ヨガスタジオで講師を務め,書籍や美容健康サイトの連載,ヨガモデルとしても活動する。遊牧民のような生活の中で『生きることそのものが身体表現』だと感じ,本格的に俳優活動を開始。俳優・横内正氏に演劇の基本を学ぶ。2019年より盛岡市に移住し,岩手ー東京間で演者としての活動と,身体表現の指導,劇団への振付提供を行っている。

近年の主な出演作は,

2021年「宮沢賢治の世界」@恵比寿エコー劇場(東京),2019年いわてアートサポートセンタープロデュース「ジョバンニの切符」@風のスタジオ(盛岡)/アンバーホール(久慈)でジョバンニ役で主演,短編映画「マルカン大食堂の贈り物」等に役者として,2018年CM「醸す,躍る,菊水。」菊水酒造(株)にダンサーとして出演。

2022年劇団モリオカ市民「新版わたしのじゃじゃ麺」@盛岡劇場,2020年二戸演劇協会雲人ミュージカル アイキッズ公演「青い鳥」@二戸市民文化会館,2019年劇団赤い風「奴婢訓」@風のスタジオ(盛岡)等,劇中の身体表現・振付を担当。

区分

プロ

(パフォーマンス,公演など致します。プロ,アマチュア,年齢・経験不問で指導致します。)

料金

要相談