炭酸ガスシリンダー(ボンベ)の処分方法について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1043250  更新日 令和5年6月8日 印刷 

炭酸ガスシリンダー(ボンベ)の処分方法について、お知らせします。

炭酸ガスシリンダー(ボンベ)の処分方法

炭酸ガスシリンダー(ボンベ)の一部製品は高圧ガス製品となり、高圧ガス保安法に基づき、製造、販売を行った事業者が処理する責任があるため、リサイクルセンターでは処理できません。

メーカーのホームページや、炭酸ガスシリンダー本体に記載されているコールセンターへご確認の上、販売元に返却してください。

高圧ガス製品のため、爆発や火災等の事故につながる恐れがありますので、炭酸ガスシリンダー(ボンベ)を、他のごみに混ぜて出す行為は絶対にやめてください。

また、ミニガスカートリッジなどの高圧ガス製品ではない場合は、必ずミニガスカートリッジの封版に穴を開け、ガスがない状態で搬入してください。

ミニガスカートリッジのみの袋に入れて、職員へ、直接、お渡しください。

高強度の金属でできているため、誤って破砕処理機内に混入してしまうと、設備が損傷する恐れがあります。

ご自身で穴を開けられない場合は、販売店へご相談ください。

よりよいウェブサイトにするために、このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

環境部 リサイクルセンター
〒020-0203 盛岡市川又字大日向32-5
電話番号:019-685-2151 ファクス番号:019-685-2155
環境部 リサイクルセンターへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。