松本竣介(まつもとしゅんすけ)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1025063  更新日 平成30年12月10日 印刷 

松本竣介(1912年~1948年)

線と色彩の画家

松本竣介(まつもとしゅんすけ)の写真

松本竣介(旧名佐藤俊介)は1912年(明治45年)4月19日,東京都多摩郡渋谷町(現:渋谷区)にて佐藤勝身,ハナ夫妻の次男として生まれた。松本姓となるのは1936年(昭和11年),松本禎子と結婚してからである。
“絵を描くことが好きでありながら,画家になる望みを一度も持たなかった僕が,十四歳の時に聴覚を失ひ,この道に踏み迷ひ十五年の迂路を経た今日,やうやく,絵画を愛し,それに生死を託することの喜びを知りえたといふこと。それが,今,言ひ得る唯一のぼくの言葉です(中略)。”1940年(昭和15年),竣介は画家になれた喜びをこう述べている。
2歳の時,父の仕事で岩手に移った竣介は,1925年(大正14年)盛岡中学校(現:盛岡第一高等学校)へ入学,同年病気のために聴覚を失う。後に絵画に目覚め3年で中退し上京,太平洋画会研究所に通い本格的に絵の勉強をはじめた。1935年(昭和10年)前衛グループNOVAの同人となり,二科展に初入選を果たす。翌年にはエッセイ誌「雑記帖」を創刊,林芙美子や森荘已池らが文章を,藤田嗣治や麻生三郎らがデッサンや口絵を寄せた。
1941年(昭和16年),美術雑誌「みずゑ」に「生きてゐる画家」という文を寄せた竣介は,真正面からではないが当時の国家に対し反論を試みている。それは,軍部による言論統制が強まる中での,人間の尊厳を守ろうとする竣介の叫びだった。そして持てるエネルギーをぶつけるかのように制作に没頭した。「立てる像」などの多くの代表作がこのころに描かれている。

掲載日:平成17年6月25日

よりよいウェブサイトにするために,このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

教育委員会 歴史文化課
〒020-0835 盛岡市津志田14-37-2 盛岡市都南総合分庁舎3階
電話番号:019-639-9067 ファクス番号:019-639-9047
教育委員会 歴史文化課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。