新しい生活様式に基づく地域活動事例集

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1032287  更新日 令和3年4月10日 印刷 

世界的な大流行となった新型コロナウイルス感染症ですが、ワクチン接種が行われても、感染拡大を防ぐためには、引き続き、細心の注意を払うことが必要であります。
市民の皆様におかれましては、地域活動を行う際には、今一度「新しい生活様式」を確認し、実践いただくとともに、この事例集を参考にしていただいて感染した場合の重症化リスクの高い方や、事情があって新しい生活様式の実践が難しい方などへの特段の御配慮をお願いいたします。

この事例集は、令和3年4月9日現在の状況で作成したものです。
今後の感染症の状況次第で、対応が変わる可能性がありますので、国や県などから新しい情報が出された場合は、新しい情報に従ってください。

「新しい生活様式」に基づく盛岡市地域活動事例集

Withコロナ社会の地域活動

基本的な感染対策を徹底しましょう

  • 手洗い、咳エチケットを心がけましょう。
  • 話すときはマスクをつけましょう。
  • 体調がよくないときは、外出しないようにしましょう。
  • 三つの密を避けましょう。
    密閉空間(喚気の悪い密閉空間)
    密集場所(多くの人が密接している)
    密接場所(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や共同行為が行われている)

思いやりの気持ちを持って行動しましょう

  • 「新しい生活様式」の実践が難しい人にも配慮をしましょう。
  • 重症化リスクの高い人と接するときは、いつも以上に慎重に配慮をしましょう。
  • 病気に対する不安を煽らないため、偏見や差別的な言動には同調しないようにしましょう。

活動に参加するための留意点

感染拡大を防ぐためのポイント

  • 毎日、体温を計測し、体調を確認しましょう。
  • 体調の悪いときは休みましょう。
  • 症状がなくてもマスクを着用しましょう。
  • こまめに、水と石けんで丁寧な手洗いを心がけましょう。
  • 咳エチケットを心がけましょう。
  • お互いの距離は、互いに手を伸ばしたら手が届く範囲以上空けましょう。
  • 会話をする際は、正面に立たないように気を付けましょう。

体操など身体を動かす時

  • マスクを着けて運動をする場合は、無理をせず、早めに休憩を取りましょう。
  • 熱中症予防のため、こまめに水分補給をしましょう。
  • 器具を使う前後は手洗や手指の消毒をしましょう。
    (器具の共有は避けるのが望ましいです)

食べたり飲んだりする時

  • 食事の前は、必ず石けんで手を洗いましょう。
  • 正面や真横はなるべく避け、斜め向かいに座るようにしましょう。
  • 料理は個々に分けて、茶菓は個別包装されたものを選びましょう。
  • 回し飲みや直箸はやめましょう。
  • 食べるときだけマスクを外し、会話の時はマスクを着用しましょう。

思いやりのあるWithコロナ社会

体質や障がいの影響などにより、「新しい生活様式」の実践が難しく困っている人がいます。あたたかな声掛けや配慮をお願いします。

  • 2歳未満の子どもなど
    乳児は呼吸器が未発達であるため、マスクをすることで十分な呼吸ができなくなる可能性があります。また、言葉が未熟なため、マスクをしていると表情が読み取りにくくなり、体調不良に気が付きにくくなります。子供と大人の体の違いに配慮し、2歳以上であっても、子供の様子に十分に気を配りましょう。
  • 知的・発達障害などをお持ちの方
    触覚や嗅覚などの感覚が過敏であるため、マスクが肌に触れることで痛みを感じたり、気分が悪くなるなどマスクの着用が困難な場合があります。また、表情が見えないことに不安を覚え、家族や支援者がマスクをすることを嫌がる場合があります。
  • 視覚障害をお持ちの方
    歩行時、ガイドヘルパーの肩や肘に触れるなど、密着の状態で移動する必要があります。
  • 聴覚障害をお持ちの方
    マスクをしていると表情が分かりにくく、口も見えないため、話しかけられていることが分かりにくくなります。
  • 肢体障害をお持ちの方
    手が不自由なため、マスクの着脱やアルコール消毒の動作が難しかったり、車いすでは届かない場所に消毒液が置かれていて、消毒が難しいことがあります。

新型コロナウイルス感染症に関連して、感染者・濃厚接触者、医療従事者等に対する誤解や偏見に基づく差別を行うことは許されません。公的機関の提供する正確な情報を入手し、冷静な行動に努めましょう。

  • 様々な人権問題に関する相談
    「みんなの人権110番」 0570-003-110
  • いじめ・虐待など子供の人権相談
    「子どもの人権110番」 0120-007-110
  • セクハラ・家庭ない暴力など女性の人権の相談
    「女性の人権ホットライン」 0570-070-810
  • 外国語での人権の相談(10言語対応)
    「外国語人権相談ダイヤル」 0570-090-911

活動を運営するための留意点

 定期総会・各種会議の開催

  • 委任や書面による決議、WEBを活用し、なるべく人が集まらない会議を行いましょう。
  • 会議内容については、電話、文書、ホームページや一斉送信メールなどを活用して、情報共有を行いましょう。

 熱中症を防ぐためのポイント

  • 作業(訓練)は、できるだけ2メートル以上離れて行いましょう。
  • グループでなければできない作業(訓練)を行うときは、必要に応じてマスク・手袋を着用し、また、会話を控えたり、人と人が接触しないようにしたりしましょう。
  • マスクを着用して作業する場合、参加者にこまめに声をかけて休憩を促すなどし、体調の変化に気を配りましょう。
    注意)特にも、子ども・高齢者・障がい者の方々は熱中症になりやすいので、積極的に声掛けをしましょう。
  • のどが渇いていなくても、こまめに水分補給をしましょう。
    注意)大量に汗をかいた時は塩分も忘れずに

 換気のポイント

  • 定期的に室温・湿度を確認し、高温多湿(熱中症・食虫毒のリスク大)を避けるとともに、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保ちましょう。
  • 1時間に2回以上の換気を行いましょう。
  • エアコン使用中も、こまめに換気をしましょう。また、換気後は、必要に応じてエアコンの温度を再設定しましょう。 ※外の湿度が80%以上の場合、長時間開放のままでエアコンを運転すると室内機に露が付き、家財などをぬらし、汚損の原因となることがあります。
  • 換気の際は、空気の流れを作るため、2方向の窓を開けましょう。窓が一つしかない場合、部屋のドアを開けて、扇風機などを窓の外に向けて設置すると効果的です。
  • 暖房器具の近くの窓を開けると、入ってくる冷気も温められるので、室温の低下を防ぐことができます。なお、暖房器具の設置するときは、カーテンなどの燃えやすいものから距離を開けるなど、火災の予防に留意してください。

消毒のポイント

  • 複数の人が触れる手すり、ドアノブ、テーブル、イスなどは、適宜、塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム0.05%)やアルコールなどで消毒を行いましょう。
  • 器具を使った体操などを行う場合、器具の共有はできるだけ避けましょう。また、使用の前後は器具の消毒をしましょう。
  • 消毒に使用した手袋などを捨てるときは、表面に触らないように脱ぎましょう。
  • 消毒作業が終わった後は、石けんを使い、水で手をよく洗いましょう。

事例

 受付における留意点

  • 参加者の名前、連絡先を把握し、名簿を作成します。
  • 名簿作成の際は、個人情報の取り扱いに注意します。
  • 参加者本人または同居の家族など身近な人の体調がすぐれない場合、参加を控えるようお願いします。
  • 受付に人が密集しないよう、間隔をあけて受付をするように心がけます。
  • 受付で、手指消毒(又は手洗い)とマスクの着用を呼びかけます。
  • 受付で筆記用具などを使用する場合、使用者がかわる都度、消毒します。
  • 事情によりマスクの着用や手指の消毒が困難な人がいる場合、状況に応じたサポートをしたり、ほかの参加者への説明を行います。

会議の場の作り方

  • 会場使用の前後で、会場の机やいすなど、複数の人が触れ る箇所を消毒します。
  • 消毒する人は、マスクや手袋を必ず着用します。
  • マイクを使いまわす場合、使用者がかわる都度、消毒します。
  • 対面にならないよう、互い違いに席を配置したり、間を十分に 空けて席を作ります。
  • 資料はできるだけ手渡しを避け、事前に送付したり、席におい ておくなどします(近距離で対面する時間をできるだけ減らしま しょう)。

チェックリストの活用

  •  複数の活動に共通する事項は、チェックリストを作成し、役員間で共有します。
  • 新型コロナウイルス感染症に関する情報は、随時更新されます。最新情報を確認するとと もに、必要に応じてリストを改訂することが望ましいです。

PDFファイルをご覧いただくには,Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイトからダウンロード(無料)してください。

よりよいウェブサイトにするために,このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

市民部 市民協働推進課
〒020-8530 盛岡市内丸12-2 盛岡市役所本館1階
電話番号:019-626-7535 ファクス番号:019-622-6211
市民部 市民協働推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。