個人情報保護制度:不服申立て、個人情報保護審議会など

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1011830  更新日 令和3年9月2日 印刷 

個人情報の不開示決定などの決定に不服がある場合

開示請求・訂正請求・利用停止請求に係る決定又はこれらの請求に係る不作為に対して不服があるときは、行政不服審査法に基づく審査請求ができます。
この場合、実施機関は「盛岡市個人情報保護審査会」に諮問し、その答申を尊重して審査請求に対する裁決などをすることになります。

審査請求は、書面を提出して行う必要があります。審査請求書の様式は任意となりますが、必要な記載項目は法定されておりますので、下記の様式を参考にして総務部総務課情報公開室へ提出してください。
なお、審査請求書に必要事項が記載されていない場合などは、補正を求める場合があります。

添付ファイル

盛岡市個人情報保護審査会答申一覧

盛岡市個人情報保護審議会

盛岡市の附属機関として、学識者、弁護士等10人以内の委員で組織する盛岡市個人情報保護審議会を設置し、盛岡市の機関による個人情報の取り扱いについて審議します。

罰則

正当な理由がなく、個人の秘密に属する事項が記録された電算処理個人情報ファイルを提供するなどの行為を行った職員、受託事務従事者等に対して、最高で懲役2年・罰金100万円を科するなどの罰則を設けています。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイトからダウンロード(無料)してください。

よりよいウェブサイトにするために、このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

総務部 総務課
〒020-8530 盛岡市内丸12-2 盛岡市役所本館6階
電話番号:019-626-7513 ファクス番号:019-622-6211
総務部 総務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。