経済的な問題で生活にお困りの方へ

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1030570  更新日 令和2年10月2日 印刷 

相談窓口について

 盛岡市では,経済的な問題で生活にお困りの方のための相談窓口として,「盛岡市くらしの相談支援室」を設置しています。

 新型コロナウイルス感染防止拡大に伴う社会情勢により,仕事や経済的な問題で生活にお困りの方も,まずはご相談ください。ご本人が抱えている問題をお聞きし,解決の方法を一緒に考えて「自立」に向けた歩みを進めていけるよう,「盛岡市くらしの相談支援室」の相談支援員が支援していきます。

問い合わせ先

盛岡市くらしの相談支援室

〒020-0023 盛岡市内丸3番46号 盛岡市役所内丸分庁舎2階

電話番号:019-626-1215

ファクス:019-625-1545

住居確保給付金について

 離職又は自営業の廃止により,経済的に困窮し,住居を喪失した方又は住居を喪失するおそれのある方を対象として,家賃相当分の給付金を支給するとともに,盛岡市くらしの相談支援室(自立相談支援機関)による就労支援等を実施し,住居及び就労機会の確保に向けた支援を行います。

 

 詳しくは,関連リンク「住居確保給付金支給事業(令和2年4月20日から対象者が拡充されました)」をご覧ください。

生活保護の相談窓口について

 相談窓口は,盛岡市役所内丸分庁舎3階の生活福祉第二課(019-626-7510)です。

生活資金の借り入れについて

 都道府県社会福祉協議会では,低所得世帯等に対して,生活費等の必要な貸付等を行う生活福祉資金貸付制度を実施しています。

 本制度につき,新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ,貸付の対象世帯を低所得者以外に拡大し,休業や失業等により生活資金でお悩みの方々に向けた,緊急小口資金の特例貸付を実施しています。

緊急小口資金(減収された方向け)

  1. 対象者
    緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に,少額の費用の貸付を行います。新型コロナウイルスの影響を受け,休業等により収入の減少があり,緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯が対象です。
  2. 貸付上限額
    新型コロナウイルスの影響により,休業等のため収入が減少した場合等  20万円以内
  3. 貸付利子 無利子
  4. 保証人 不要
  5. 申込先 盛岡市社会福祉協議会

         東北労働金庫 各支店(※令和2年4月30日から郵送による取次業務を開始しました。)

総合支援資金生活支援費(減収された方向け)

  1. 対象者
    低所得世帯等向けに生活再建までの間に必要な生活費用の貸付を行います。新型コロナウイルスの影響を受け,収入の減少や失業等により生活に困窮し,日常生活の維持が困難となっている世帯についても新たに対象に加えられました。
  2. 貸付上限額
    二人以上の世帯  月20万円以内
    単身世帯     月15万円以内
  3. 貸付期間 原則3月以内
  4. 申込先 盛岡市社会福祉協議会

問い合わせ先

盛岡市社会福祉協議会

盛岡市若園町2番2号(ハローワーク盛岡向いの盛岡市総合福祉センター1階)

電話 019-651-1000 ファクス 019-622-4999

※盛岡市社会福祉協議会に来所の際は,事前にお電話等で予約願います。

 

※生活資金の借り入れの基本的な内容の問い合わせ先

個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター

電話番号 0120-46-1999

受付時間 9:00~21:00(土日・祝日含む)

PDFファイルをご覧いただくには,Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイトからダウンロード(無料)してください。

よりよいウェブサイトにするために,このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 生活福祉第一課 
〒020-8530 盛岡市内丸3-46 盛岡市役所内丸分庁舎3階
電話番号:019-613-8413 ファクス番号:019-625-5023
保健福祉部 生活福祉課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。