盛岡の特産品

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1033296  更新日 令和2年12月7日 印刷 

盛岡藩二十万石の歴史が息づく盛岡は城下町。県都のにぎやかさを持ちながら、山や川などが身近にあり、四季折々豊かな自然に彩られています。

歴史が香り、美しい自然に恵まれた盛岡には古くから人の技と心が継がれてきました。

街を歩くとちょっとクラシカルな商家や土蔵が並び、古式ゆかしい看板を見つけることでしょう。

先人達の知恵の結晶、世界に誇る伝統工芸品、手づくりのぬくもり、そばに置いておきたい玩具、盛岡ならではの食文化などなかなか多彩で気を引く顔ぶれがそろっています。

街と出会い、人と出会い、そして素敵な特産品との出会いも旅の楽しみの一つ。

盛岡の街でいいものを発見する喜びをお約束します。

お菓子

素朴な風土と人情の豊かさが残る南部せんべいは、岩手を代表する銘菓。昔懐かしい盛岡駄菓子、黄精飴、豆銀糖、からめ餅なども盛岡の歴史を伝えるお菓子です。盛岡の名所や有名人にちなんだお菓子も、お土産にぴったり。

麺類

わんこそば、盛岡冷麵、盛岡じゃじゃ麺の「三大麺」は、盛岡で独自に発展した食文化。盛岡名物として大人気で、盛岡の思い出に欠かせない味です。薮川は本州有数の寒冷地であり、夏の冷涼な気候を生かしたそばは、通も絶賛。

酒類

清らかな水と美味しさを原料に南部杜氏が生み出した極上の日本酒に、本場ドイツの伝統的な醸造技術を尊重した本格プレミアムビールの地ビール、盛岡のワイナリーで生まれた林檎ワインなど、本場の味を堪能できます。

自然・加工食品

大自然の中に放牧されて育った県産牛の乳製品や地大豆を使った豆腐類は、安全・安心の食材で栄養たっぷり。山野に自生する天然の木の実を使ったジャムや蜂蜜も元気をくれます。ギフトの季節にはぜひマークしてください。

南部鉄器

江戸時代から伝わる技法と、卓越した鋳物釜師により丹念につくられる南部鉄器。繊細な鋳肌と重厚さを兼ね備えた茶釜や鉄瓶から、進取のデザインが光るモダンクラフトまで、時代を超えて永く愛用されている伝統的工芸品です。

繊維・染色品

紫根染や南部古代型染は、藩政時代からの伝統美を誇る華麗な染物。洗練された美しさと気品が香ります。やわらかな風合いのホームスパンは英国から岩手に伝わった毛織物。マフラー、ネクタイ、財布など種類も豊富です。

民工芸品

岩手の風物や祭りを模した民芸品や表情豊かなまゆ細工など、思わず笑みがこぼれる愛らしい玩具たち。縁起ものあり、贈り物にも最適。竹細工木工品、焼き物もハンドメイドの温もりを大切にしています。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイトからダウンロード(無料)してください。

よりよいウェブサイトにするために、このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

商工労働部 ものづくり推進課
〒020-8531 盛岡市若園町2-18 盛岡市役所若園町分庁舎1階
電話番号:019-626-7538,019-626-7551 ファクス番号:019-626-4153
商工労働部 ものづくり推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。