こころの健康づくり

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1031043  更新日 令和3年9月16日 印刷 

 新型コロナウイルスの蔓延により活動自粛を余儀なくされ、心身の疲労が溜まってしませんか?ずっと家にいる中でストレスがたまったり気分が沈んでしまうことがあります。そのような悩みを解消するための各種情報について掲載いたします。

新型コロナウイルス感染症に関する情報

こころとからだを健康に保つ生活のポイント

 最近は「コロナ疲れ」「コロナ鬱(うつ)」といった言葉も出てきているようです。ここでは、こころの健康を保つために誰でもできる簡単なポイントをご紹介します。

1.規則正しい生活を心がける

体操のイラスト

  • 起床後に朝日を浴び、体内時計を整える。
  • 食事や睡眠を十分にとり、運動を適度に行う。
  • アルコールやたばこに頼らない。
  • 外出する予定がない日でも身だしなみを整えて活動する。

 

2.信頼できる人とのつながりを維持する

家族のイラスト

 誰かとつながりを感じることは不安の軽減につながります。

 自分の気持ちを他の人に話すことで不安を和らげることができます。家族との時間を大切にしたり、テレビ電話や音声通話でリアルタイムなコミュニケーションの機会を持つことが大切です。

3.時間を決めて新型コロナウイルスに関する情報を確認する

テレビをオフにするイラスト

 新型コロナウイルスに関するニュースに触れ続けると、不安が大きくなる可能性があります。過度に情報に接し続けることを避け、こころを休める時間を作ることが大切です。

こころの相談窓口

 セルフケアを心がけても、どうしても気持ちが落ち込み、こころの不調が長く続くことがあります。そのような時は、一人で抱え込まずに早めに誰かに相談しましょう。家族や友人に相談しにくい場合は、地域の相談窓口に相談しましょう。

※なお、新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談を行いたい方は都道府県等が設置している電話相談窓口、新型コロナウイルス感染症が疑われる方は、各都道府県が開設している帰国者・接触者相談センターにご相談下さい。

SNS心の相談について(厚生労働省)

 新型コロナウイルス感染症の影響による心の悩みについて、チャット形式で相談を受け付けております。

 受付時間:平日(18時00分~21時30分)
      土日祝日(14時00分~21時30分)

盛岡市こころの相談窓口

 こころの不調には様々な要因が考えられます。こころや体の健康、人に話しにくい悩み、くらしやお金の不安、人間関係、障がいによる生活のしづらさなど、盛岡市の各種相談窓口を掲載しております。

盛岡市こころの相談窓口への誘導チャットボット

 「盛岡市こころの相談窓口」への誘導を目的とするチャットボットです。盛岡市保健所と岩手県立大学の地域協働研究から生まれました。

 研究開発中ですが試験的に公開されています。

よりよいウェブサイトにするために、このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

保健所 健康増進課
〒020-0884 盛岡市神明町3-29 盛岡市保健所6階
電話番号:019-603-8305 ファクス番号:019-654-5665
保健所 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。