犬・猫 よくある質問

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1013764  更新日 平成28年8月21日 印刷 

質問犬の鑑札は必ず身につけさせなくてはいけないものですか。

回答

「鑑札」は登録された犬を証明するための標識です。鑑札には登録番号が記載されていますので,もしも飼い犬が迷子になっても,装着されている鑑札から確実に飼い主の元に戻すことができます。
また,毎年狂犬病予防注射を受けた際に交付される「狂犬病予防注射済票」は,狂犬病予防注射を受けた犬であることを証明するための標識です。
保健所では,狂犬病の発生とまん延を防止するため,所有者のはっきりしない犬や予防注射を適切に受けていない犬を捕獲しています。もしも,犬の鑑札や注射済票を着けていない場合,その犬は登録されていない犬,または予防注射を受けていない犬と判断され,捕獲の対象となります。これにより捕獲された犬は,一定期間を経過しても飼い主が分からなければ殺処分となってしまいます。

大切な愛犬を守るためにも,鑑札と注射済票はきちんとつけるようにしましょう。

よりよいウェブサイトにするために,このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

保健所 生活衛生課 食品衛生担当
〒020-0884 盛岡市神明町3-29 盛岡市保健所6階
電話番号:019-603-8311 ファクス番号:019-654-5665
保健所 生活衛生課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。