大切な人の命を支えるゲートキーパー

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1018516  更新日 平成29年1月27日 印刷 

ゲートキーパーとは、悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聴いて、必要な支援につなげ、見守る人のことです。一人ひとりがゲートキーパーとしての意識をもち、つながり、支えあっていきましょう。

ゲートキーパーの役割

ゲートキーパーには、気づき、傾聴、つなぎ、見守りの4つの役割が期待されています。

1.気づき

  大切な人が悩みを抱えていることに気づいたら、勇気を出して声をかけてみてください。

2.傾聴

  悩みを話してくれたら、話をそらしたり、否定したり、安易に励ましたりせず、じっくりと話を聴いて

 あげてください。

3.つなぐ

  悩みを打ち明けてくれたら、相談窓口を紹介してあげてください。

  盛岡市の相談窓口一覧(下記の関連情報をご覧ください)

4.見守り

  相談窓口を紹介した後も、「何かあればまた話をして」と寄り添い、温かく見守ってあげてください。

  一人ひとりの心がけが、悩みを抱えている人の不安を軽減できます。

ゲートキーパーの心得

まずは声をかけることからはじめてみませんか。

・自ら相手とかかわるための心の準備をしましょう

・温かみのある対応をしましょう

・真剣に聴いているという姿勢を相手に伝えましょう

・相手の話を否定せず、しっかりと聴きましょう

・相手のこれまでの苦労をねぎらいましょう

・心配していることを伝えましょう

・わかりやすく、かつゆっくりと話をしましょう

・一緒に考えることが支援です

・準備やスキルアップも大切です

・自分が相談にのって困ったときのつなぎ先(相談窓口等)を知っておきましょう

・ゲートキーパー自身の健康管理、悩み相談も大切です

あなたもゲートキーパーになりませんか

自殺を防ぐために、あなたにできることがあります。

盛岡市では、ゲートキーパー養成講座を開催しております。

専門的な知識等を得るために、参加してみませんか。

地域への出前講座も行っております。担当までご相談ください。

よりよいウェブサイトにするために、このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

保健所 指導予防課
〒020-0884 盛岡市神明町3-29 盛岡市保健所6階
電話番号:019-603-8309 ファクス番号:019-654-5665
保健所 指導予防課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。