盛岡駅西口開発 盛岡駅西口多目的広場(モリーオの広場)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1010145  更新日 平成28年8月21日 印刷 

盛岡駅西口多目的広場とは

盛岡駅西口地区において、来訪者や市民の皆さんに広く利用していただき、賑わいや交流の場とすることを目的に整備され、2013年4月1日から供用開始されている広場です。
盛岡駅東西自由通路(愛称さんさこみち)、歩行者専用道(アーバンモール)を通じて盛岡駅と連結していることや、東北自動車道盛岡インターチェンジ、盛岡南インターチェンジからのアクセスも良く多方面からの集客が可能な位置にあり、さまざまなイベントに利用可能な広場です。

施設概要

所在地

盛岡市盛岡駅西通二丁目20番1号

広場面積

4110平方メートル

広場に設置されている施設

サークルベンチ(3カ所)、東屋ベンチ(2カ所)、ベンチ(6カ所)、水飲み場(1カ所)、特殊給水栓(口径20ミリメートル、2カ所)、特殊排水栓(1カ所)

イベントなどによる使用料金及び使用申請について

利用については年中可能です。ただし、改修工事等により利用できない場合はこの限りではありません。
利用時間は8時から18時です。ただし、やむを得ず8時以前の設営や18時以降の撤去作業が必要な場合には事前に公園みどり課にご相談ください。
使用料金については、エリアごとに時間単位で設定しています。ただし、10時間を越える使用の場合は1日料金で設定しています。金額については、下記のファイルをご覧ください。

使用の申請については、使用日の14日前までにお願いします。申請書については、下記のファイルをご利用ください。
なお、イベントによっては使用料の減免も設けており、その際は別途減免申請書の提出が必要となるため、公園みどり課までご相談ください。

また、実施されるイベントなどの情報や当日の配置などの把握が必要となるため、申請に併せて下記のチェックシートの提出もお願いします。

盛岡駅西口多目的広場の愛称について

2013年5月1日から20日まで盛岡駅西口多目的広場の愛称を募集したところ、応募数は122通(市内99通、県内他市町村11通、県外12通)、応募者は73人、愛称数は118作品となりました。たくさんのご応募ありがとうございました。
その中から、第1次、第2次選考および最終決定の結果、次のとおり愛称を決定しました。

愛称

モリーオの広場

決定理由

  1. 宮沢賢治の作品「ポラーノの広場」には盛岡市が「モリーオ市」として出てくる。また、「モリ」は盛岡の「盛」、杜の大橋の「杜」にも通じる。
  2. 盛岡駅を中心に見ると東に「啄木であい道」(盛岡駅前)と石川啄木にちなんだ公園があるので、西に宮沢賢治をイメージする「モリーオの広場」があっても良い。
  3. 2013年に盛岡駅がSLの基地になる。SLは賢治の銀河鉄道のイメージにもつながるので、賢治のいう盛岡(モリーオ)がふさわしい。

選考過程

  1. 第1次選考
    2013年5月17日から29日までの期間において、選考委員(5人)に最大3作品を選考してもらい、絞り込みを行った。
  2. 第2次選考
    2013年5月31日に愛称選考会を開催し、優秀作品1点、優良作品2点を選定した。
  3. 最終決定
    推薦を受けた上位3点から盛岡市長が採用作品を決定した。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイトからダウンロード(無料)してください。

よりよいウェブサイトにするために、このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

都市整備部 公園みどり課
〒020-8532 盛岡市津志田14-37-2 盛岡市役所都南分庁舎2階
電話番号:019-639-9057 ファクス番号:019-637-1919
都市整備部 公園みどり課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。