特別委員会の提言を追跡しました

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1025851  更新日 平成31年4月2日 印刷 

特別委員会の調査活動

 盛岡市議会では、特定の事項の調査を行うため特別委員会を設置し、その調査結果を議長へ報告するとともに、市に政策提言を行っています。
 その提言が市の施策へ与えた影響について調査しました。

次世代健全育成特別委員会の活動

 子どもを取り巻く環境改善の取り組みなどの課題を調査研究するため、平成25年9月に次世代健全育成特別委員会を設置しました。先進自治体の視察や市内のNPO法人が取り組む活動について調査を行い、平成27年6月定例会において調査結果を報告しました。

報告書で提言された施策のうち、市の施策として反映されたものについて、関わりが深い方からお話を聞きました。

提言1 子どもの貧困対策及び児童虐待防止に向けて、子どものいる貧困世帯の実情把握が必要である。

 岩手県立大学との地域協働研究として平成27年度から平成28年度に調査が行われ、「盛岡市ひとり親世帯の子どもの生活実態に関する調査研究報告書」がまとめられました。
 研究代表者として調査を行った、齋藤昭彦岩手県立大学教授にお話を聞きました。

提言2 子どもに係る総合的な支援体制の整備に向けて、子ども関連部署を設置すべきである。

 平成29年度から、子ども青少年課・子育てあんしん課・母子健康課の3つの課からなる「子ども未来部」が設置され、子ども・子育てに関する施策を推進する体制が作られました。
 また、社会全体で子ども・子育て支援に参画するまちづくりの実現を目指し、市民や地域活動団体・市民活動団体、企業などが連携、交流できる場として平成29年4月に「もりおか子育て応援プラザma*mall」が設置されました。
 設置されてから約2年が経過するma*mallの利用状況などについて、お話を聞きました。

提言3 企業に対する「ワーク・ライフ・バランス(WLB)」の啓発・啓蒙に注力すべきである。

 企業による自発的なWLBの取り組みを促進し、市民の意識啓発を推進するため、「もりおかワーク・ライフ・バランス推進盛岡市長賞」として他の企業の模範となる事例を表彰しています。
 平成30年度に受賞された、東京海上日動火災保険株式会社盛岡支店と株式会社悳(とく)PCMの方から、お話を聞きました。

PDFファイルをご覧いただくには,Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイトからダウンロード(無料)してください。

よりよいウェブサイトにするために,このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

議会事務局 議事総務課
〒020-8530 盛岡市内丸12-2 盛岡市役所本館3階
電話番号:019-626-7506 ファクス番号:019-652-9105
議会事務局 議事総務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。