狂犬病予防注射

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1001666  更新日 令和3年4月1日 印刷 

飼い主の義務として,飼い犬には毎年狂犬病の予防注射を受けさせなければなりません。
たとえ室内犬であっても,予防注射は必ず行ってください。

例年,4月と5月に実施していた集合注射は,新型コロナウイルス感染症のまん延防止のため,令和2年度に引き続き,中止としました。年度内の実施については,未定です。

なお,狂犬病予防注射は,狂犬病予防法により4月から6月までに受けなければならないと定められていますが,令和3年度は令和3年12月31日までに延期されました。

そのため,お住まいの地域の感染者発生状況等に留意しながら,期間内に動物病院で注射してください。また,注射の際は,あらかじめ動物病院の混雑状況等を確認し,「3密」を避けるよう御協力ください。

狂犬病予防注射

狂犬病予防注射について
対象犬 生後3カ月(91日)以上の犬
注射及び手続きが可能な場所

下記リンクの動物病院
(その他の動物病院でも注射はできますが,注射後に保健所での手続が必要です。)

料金

動物病院:各病院にお問い合わせください。
参考:集合注射会場3,300円(注射料金2,750円と狂犬病予防注射済票550円)
必要なもの 狂犬病予防注射のお知らせハガキ(既に登録済みの犬)
狂犬病とは?

犬だけでなく,人間やその他の動物にも感染し,発症するとほぼ100%死んでしまう恐ろしい感染症です。
日本では犬の登録と予防注射を義務化し,1957(昭和32)年以来発生していません。しかし,世界各国ではまだ猛威を奮っており,毎年3万人以上の人が命を落としています。台湾では52年振りに発生し,未だ収束していません。外国との交流が盛んになり,いろいろな動物が輸入されている昨今,いつ日本に狂犬病が侵入してくるかわかりません。
人も犬も安心して暮らせるよう,飼い犬には必ず予防注射を受けさせましょう。

盛岡市は,毎年春に各地区を巡回して狂犬病集合予防注射を行っています。

登録済みの飼い主には,3月末にお知らせのハガキを郵送します(ハガキがなくても注射は受けられますが,時間がかかることがあります。)。

PDFファイルをご覧いただくには,Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイトからダウンロード(無料)してください。

よりよいウェブサイトにするために,このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

保健所 生活衛生課 生活衛生担当
〒020-0884 盛岡市神明町3-29 盛岡市保健所6階
電話番号:019-603-8310 ファクス番号:019-654-5665
保健所 生活衛生課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。