モニタリング・評価について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1011548  更新日 令和5年1月25日 印刷 

市では指定管理施設の管理運営状況を把握するため、モニタリング、年度評価及び総括評価を行っています。

モニタリングとは

指定管理者が仕様書に基づいて行った業務について、「履行状況」および「サービスの質」の観点から、市が行う確認を指しています。

モニタリングの目的

市は、次の3点を目的とし、モニタリングを行います。

  1. 仕様書に基づく業務の履行状況を確認する仕組みをつくり、モニタリングの視点の一元化を図ること
  2. 指定管理者制度導入施設の管理運営の状況を市民に広く、わかりやすく公表することにより、より良い管理運営に資すること
  3. 所管課等と指定管理者が施設の管理運営上の課題を共有し、適正な管理運営を実現するためのコミュニケーションツールとする。

モニタリングの流れ

  1. 指定管理者がアンケートなどにより利用者意見を把握する。
  2. 市が「指定管理者の業務のモニタリングシート」(以下「確認シート」という。)に基づき、項目ごとに指定管理者に確認を行う。
  3. 市は実施結果を公表する。指定管理者は確認シートを施設に掲示する。

実施状況

年度評価・総括評価とは

制度導入の効果等を検証するために、市が行う評価を指します。毎年度実施する「年度評価」やモニタリングを踏まえて、指定期間(5年間が基本)の終了前に「総括評価」を実施します。
※年度評価及び総括評価は、平成29年4月以降に指定期間が開始した施設から順次導入しています。

年度評価・総括評価の活用

市は、年度評価・総括評価の結果を次のことに活用します。

  1. 制度の導入の効果を検証し、次の事業サイクルに反映させること
  2. 評価の結果、実績が特に良好と認められる場合には、指定期間を延長することができる。
  3. 指定期間を長期に設定した場合、その中間年度で総括評価を実施し、指定期間を継続するかの判断に活用する。

総括評価の流れ

  1. 施設毎に要求水準(評価指標)を設定する。
  2. 毎年度のモニタリングを実施する。また、要求水準に対する達成状況について、年度評価を実施する。
  3. 指定期間終了の前年度(指定期間が5年間の場合は4年目)に、制度の導入効果を検証し、今後の施設の管理運営の方針を決定する。

実施状況(年度評価)

実施状況(総括評価)

よりよいウェブサイトにするために、このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

財政部 資産経営課
〒020-8530 盛岡市内丸12-2 盛岡市役所本館6階
電話番号:019-603-8007 ファクス番号:019-622-6211
財政部 資産経営課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。