建設工事における混合入札の導入について(令和2年3月2日)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1030138  更新日 令和2年3月2日 印刷 

令和2年4月1日以降に行う建設工事の入札公告から、共同企業体と単体事業者のいずれかで参加できる競争入札(以下「混合入札」という。)を導入します。詳しくは、次の通知をご覧ください。

 

混合入札の実施について

対象工事

「盛岡市特定市営建設工事請負契約に係る共同企業体運用基準」第3の2第1項で定めるもの。
※対象工事とする場合、入札公告において混合入札であることを明示します。

混合入札対象工事の申請にあたっての注意事項

  • 混合入札に参加しようとる単体事業者の入札参加資格要件は、特定共同企業体の代表者に求める要件と同じとします。なお、設定した入札参加資格要件は、入札公告において明記します。
  • 混合入札に参加しようとする単体事業者は、当該混合入札に参加する共同企業体の構成員となることはできません。
  • 混合入札に参加しようとする共同企業体の構成員(代表者、非代表者)及び単体事業者の中に、人的関係または資本関係がある者の同一入札への参加は、認められません。

PDFファイルをご覧いただくには,Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイトからダウンロード(無料)してください。

よりよいウェブサイトにするために,このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

財政部 契約検査課
〒020-8530 盛岡市内丸12-2 盛岡市役所本館8階
電話番号:019-626-7516
財政部 契約検査課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。