認定メニュー追加「美醸旬彩 匠の」

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1025636  更新日 平成31年1月31日 印刷 

盛岡のブランド豚「もりおかあじわい林檎ポーク」を使った「ステーキ」と「トントロわさび焼き」が認定されました。

「美醸旬彩 匠の」(盛岡市大通一)で提供される,地域のりんごを食べて育った豚肉「もりおかあじわい林檎ポーク」を使ったステーキ(税込1,620円)と,同ポークのトントロ山葵焼き(税込907円)が,盛岡の美味いもんアンバサダー認定メニューに加わりました。

認定メニュー1「もりおかあじわい林檎ポークのステーキ」

「もりおかあじわい林檎ポークのステーキ」の写真
もりおかあじわい林檎ポークのステーキ

素材本来の味を楽しめるステーキは,食べ応えがあるよう厚みを持たせつつ,口の中ではとろけ,ジューシーになるような火の通し方をしています。肉自体の甘さとコクが引き立つように,香辛料を多めに入れた醤油ベースのソースで味付けた一品。

新認定メニュー2「もりおかあじわい林檎ポークのトントロ山葵焼き」

「もりおかあじわい林檎ポークのトントロ山葵焼き」の写真
もりおかあじわい林檎ポークのトントロ山葵焼き

トントロは脂が多い部位ですが,わさびと合わせることによりさっぱりとした味わいとなり,脂が気にならなくなります。脂身は強調し過ぎず,さわやかで甘みがあり,わさびの風味とよく合います。肉が苦手でも食べやすい組み合わせです。

お店で使われているメイン食材は全て地元食材

山内知之店長の写真
山内知之店長

盛岡りんごハイボールともりおか短角牛ステーキですでに美味いもんアンバサダーに認定されている同店。今回の2メニューと合わせ,計4つのアンバサダーメニューを提供しています。

地産地消や食の安心・安全にこだわる理由について山内知之店長は,「以前勤めていた飲食店で,岩手・盛岡にも良いものがたくさんあると気付かされたんです。独立してこの店を立ち上げ,そういう食材は使い続けたいと思っていたら,いろいろな縁がつながってこの林檎ポークに出会いました。養豚場を見学し,エサのりんごも実際にあげてみたりしたことで,生産者の顔が分かり,お客さんにも心から紹介しやすくなりました」と話します。


料理中の山内店長の写真


「匠の醤油」や「匠の味噌」のように,職人こだわりの素材を使うといったコンセプトを表現した店名。「自分はシェフと呼ばれるのはおこがましいです」と照れ笑いをする山内さんですが,さまざまな素材の特長を活かせる自身の「匠の技」で,盛岡の特産食材の魅力を広く発信しています。

ところで,もりおかあじわい林檎ポークって?

生産者の石川秀三さんの写真
生産者の石川秀三さん

特長は,脂の甘みとコク,きめが細かく柔らかな肉質。地域で採れるおいしいリンゴやイオン水を栄養にし,抗生物質を使うことのない健康な豚です。

店舗情報

美醸旬彩 匠の

  • 所在地:盛岡市大通一丁目11-4
  • 営業時間:11時30分~14時,18時~24時
  • 定休日:不定休
  • 電話:019-652-1804

よりよいウェブサイトにするために,このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

農林部 農政課
〒020-8531 盛岡市若園町2-18 盛岡市役所若園町分庁舎4階
電話番号:019-626-7540(農政企画係),019-613-8457(生産振興係),019-613-8458(経営支援係),019-613-8459(農村整備係),019-626-2270(食と農の連携推進室)  ファクス番号:019-653-2831
農林部 農政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。