認定店「喫茶 緑青」

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1029178  更新日 令和2年8月5日 印刷 

盛岡市玉山地域が特産の黒平豆を使った「玉山ナンテコッタ」が認定商品です。

石川啄木の歌碑の建つ渋民公園内にある喫茶店・緑青(ろくしょう)が,盛岡の美味いもんアンバサダーに認定されました。

認定商品「玉山ナンテコッタ」

「玉山ナンテコッタ」の写真
「玉山ナンテコッタ」(税込350円)。※現在は受注販売です

パンナコッタの層の上で輝く,ほうじ茶ジュレ。きれいな2層の間に黒平豆のがゴロゴロと入り,豆の食感,味わいを楽しめる一品です。パンナコッタ部分に見える黒い粒も,ミキサーにかけた黒平豆です。

使われている黒平豆は,JA新いわてがパックで販売している煮豆そのまま。「和」を代表する「煮豆」と,イタリア発祥のパンナコッタという意外な組み合わせですが,実は相性バッチリです!


見よ!この美しい2層構造!の写真
見よ!この美しい2層構造!

玉山ナンテコッタは,玉山地域のまちづくりに取り組む団体「TAMAYAMAX( タマヤマックス)」が,地域の名産である黒平豆を広めたいと開発した商品です。

黒平豆の食べ方としては煮豆が主流ですが,煮豆は作るのが難しかったり,食卓で好んで食べる若い世代も限られたりという課題も。黒平豆を食べるシチュエーションに広がりを持たせるために,既製品の煮豆を使うことや,洋風のスイーツに仕上げることなどがアイデアに挙がりました。

そこで立ち上がったのは,メンバー内にいるプロのパティシエ・瀬川徹さん。8種類ほどの試作品を考案し,メンバーで試食や意見交換を繰り返しながら,玉山ナンテコッタの商品化が決まったそうです。

そしてこの玉山ナンテコッタは,「2018年度JAいわてグループ6次産業化アワード」で見事,審査員特別賞を受賞!味や食感,デザイン,素材の特性が生かされているかといった観点で,高く評価されました。


店主の松本さんの写真
店主の松本さん。フレンチやイタリアンという括りを超えた食を目指して研究を続けています。

そんな玉山ナンテコッタの販売店として,レシピを受け継いだのが「喫茶 緑青」です。

「地産地消って特別なことではないと思います。その土地で採れたものをその土地で使う。新鮮だし,安いことも多い。うちではオール地元産のサラダを出しても,何も言わない。ごく当たり前だから」と気負わず話すのは店主の松本洋介さん。「逆に『これは地元産です!』って強調していると,『じゃあそれ以外はどこ産だろう?』って考えちゃう」と笑いながら,「飲食店はどこにあってもそうあってほしい」と話します。

2019年8月,福島県で開かれた国際交流事業に帯同シェフとして参加。「海外の人たちに自分の料理が受け入れられるか不安もあった」そうですが,参加者には大好評。それまでの経験や考えに裏打ちされた「自分の道」が間違っていなかったと,自信につながったそう。


お店の外観写真
渋民公園内にあるお店。散策途中に気軽に立ち寄れる空間です。

もともとは地域内の別な場所にあった緑青さんですが,「不思議な縁に引き寄せられるように」,この場所へ移転。


「啄木ブレンドコーヒー」の写真
「啄木ブレンドコーヒー」

お店イチオシのコーヒー「啄木ブレンド」。玉山の生んだ歌人・石川啄木が明治に飲んでいたとされるコーヒーを再現したもの。どのあたりが「再現」なのかなど,松本さんとの会話を楽しみながら,当時に思いを馳せてみてください。


ところで,黒平豆って?

黒平豆の写真

盛岡市渋民地域に根付く在来種で,表皮に出る3本のしわが特徴。渡り鳥の雁(ガン)が渋民に落とした一粒の種から芽吹き,育ったという言い伝えがあり,別名「雁喰い豆」(がんくいまめ)とも呼ばれています。大粒で,独特の弾力としっかりとした歯ごたえがあり,こくのある風味を楽しめます。

店舗情報

喫茶 緑青

お店の様子の写真

  • 所在地:盛岡市渋民字鶴塚5-5 渋民公園内
  • 営業時間:11時~15時30分,17時~21時 ※ブログでご確認ください
  • 定休日:不定休 ※ブログでご確認ください
  • 問い合わせ:090-6130-2190

よりよいウェブサイトにするために,このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

農林部 農政課
〒020-8531 盛岡市若園町2-18 盛岡市役所若園町分庁舎4階
電話番号:019-626-7540(農政企画係),019-613-8457(生産振興係),019-613-8458(経営支援係),019-613-8459(農村整備係),019-626-2270(食と農の連携推進室)  ファクス番号:019-653-2831
農林部 農政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。