認定店「Sweets+Cafe’ しゅくる」

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1029185  更新日 令和2年8月6日 印刷 

盛岡特産のアロニアとりんごを使った2商品が認定となりました。

認定商品「お米のアロニアロール」

「お米のアロニアロール」の写真
「お米のアロニアロール」(1本1300円(税別))※現在は受注販売です

盛岡市砂子沢地区で生産されるアロニアを使ったジャムに,りんごの100%果汁を加え,アロニアの風味を引き立たせているそう。生地にもアロニアのパウダーが入り,綺麗なアロニア色に仕上がっています。

米粉100%で,小麦アレルギーの人も食べられるロールケーキ。もちもちして優しい感じのするお菓子です。

認定商品「松本りんご園のりんごパイ」

「松本りんご園のりんごパイ」の写真
「松本りんご園のりんごパイ」(1個200円(税別))※期間限定商品です。

材料と一緒にりんごを煮詰めることが多い通常のアップルパイと異なり,この商品では,カットしたりんごを生地の上にそのまま乗せて焼き上げるのだそう。だからこそ,りんごそのものの美味しさがダイレクトに引き出されています。

食べるときに電子レンジで温めたり,アイスクリームを添えたりしても美味しい。シンプルだけど,りんごを活かしたお菓子です。


喫茶コーナーの写真
若いスタッフが立つ喫茶コーナー

しゅくるでは,数人の若いパティシエがテキパキと働く姿が目に留まります。オーナーパティシエの佐藤浩二さんに聞くと,「調理師学校で講師をしていたこともあって,育成に力を入れたいという考えが根底にあります」とのお答えが。「この店で経験を積んだ若い人が,ゆくゆくは独立して,お菓子づくりを発展させてくれたら嬉しい」と目を細めていました。


たくさんのケーキなどが並ぶショーケースの写真
ショーケースにはたくさんの種類のケーキなどが並びます。

ショーケースには,材料の産地や農園名が書いてある商品が数多く並んでいます。「スタッフの実家の農家でかぼちゃやりんご,トマトなどを育てているのでそれを仕入れたり,近郊の農園と直接取引をしたり。身近なところから旬の食材を取り入れて,お互いにWIN-WINとなるような関係性を大事にしています」と佐藤さん。旬の食材を使ってどんなお菓子を作ろうかという発想ができるのは,技術があってこそです。

また,価格について,「安過ぎるのも問題」と佐藤さんは指摘します。「本物ではない安い材料を使って,本物そっくりの味や風味にして価格を落とすことは簡単な時代。ちゃんとした素材を使えばこれくらいの値段はするということは分かってきます。お店のスタッフには,『職人』としてのモチベーションを高く保ってほしいので,見えない部分も妥協しません」ときっぱり。

「働く人もお客様も幸せに」をモットーとする佐藤さんらしい信念です。


ところで,アロニアって?

アロニアの写真

北米原産のバラ科の果樹。耐寒性に優れ,東欧や北欧でも栽培され,ジャムやジュース,果実酒に利用されています。

目の疲労回復などに効果が高いとされるアントシアニンをブルーベリーの約3倍,ベータカロテンをトマトの約1.4倍,食物繊維をバナナの約6倍も含み,健康食材としてあらためて注目されています。

「盛岡ベリー」とも呼ばれ,市内の産直でも冷凍アロニアを販売しています。

店舗情報

Sweets+Cafe' しゅくる

お店の様子の写真

  • 所在地:盛岡市本町通一丁目5-13
  • 営業時間:10時~19時
  • 定休日:なし
  • 問い合わせ:019-626-3112

PDFファイルをご覧いただくには,Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイトからダウンロード(無料)してください。

よりよいウェブサイトにするために,このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

農林部 農政課
〒020-8531 盛岡市若園町2-18 盛岡市役所若園町分庁舎4階
電話番号:019-626-7540(農政企画係),019-613-8457(生産振興係),019-613-8458(経営支援係),019-613-8459(農村整備係),019-626-2270(食と農の連携推進室)  ファクス番号:019-653-2831
農林部 農政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。