カセットボンベ・スプレー缶やライター等の正しい出し方について確認しましょう!

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1021992  更新日 令和3年9月16日 印刷 

カセットボンベ・スプレー缶とライター等は正しく廃棄しましょう!

写真:出火原因と考えられる違反ごみの写真
出火原因と考えられる違反ごみの写真
写真:出火現場の状況の写真
出火現場の状況の写真

令和2年度は、カセットボンベ・スプレー缶とライターの誤った廃棄方法が原因で、ごみの処理施設で6回ガス爆発事故が発生しています。

これらの製品には、可燃性ガスやオイルが含まれており、正しい廃棄をしないと大変危険です。

特にも、カセットボンベ・スプレー缶は、ガス抜きを行う際に、火気のない、風通しのよい屋外で行う等、適切に取り扱う必要があります。

また、モバイルバッテリーや加熱式たばこには、リチウムイオン電池が含まれており、正しい廃棄をしないと発火の恐れがあります。

廃棄をする際は、次のとおり正しい廃棄方法で処分するようお願いします。

 

カセットボンベ・スプレー缶の出し方

盛岡地域

  1. 製品を最後まで使い切る。
  2. 缶を振って音を確認するなどにより充填物が残っていないか確認する。
  3. ガス抜きキャップがある製品については、火気のない風通しの良い屋外でガス抜きキャップを使用して充填物を出し切った後、穴をあける
  4. 他の缶と別の袋に入れ資源(ビン・缶・ペットボトル)の日にごみ集積場所に出す。

   ※やむを得ず使い切れないものを処分したい場合は、資源循環推進課へお問い合わせください。

都南地域

  1. 製品を最後まで使い切る。
  2. 缶を振って音を確認するなどにより充填物が残っていないか確認する。
  3. ガス抜きキャップのある製品については、火気のない風通しの良い屋外でガス抜きキャップを使用して充填物を出し切る。
  4. 他の缶とは別の袋に入れ、「スプレー缶」と明記し「空カン・空ビン」の収集日にごみ集積場所に出す。

 ※令和2年4月から「都南地域」ではスプレー缶に穴をあけずに排出できるようになりました。

玉山地域

  1. 製品を最後まで使い切る。
  2. 缶を振って音を確認するなどにより充填物が残っていないか確認する。
  3. ガス抜きキャップがある製品については、火気のない風通しの良い屋外でガス抜きキャップを使用して充填物を出し切る。
  4. 透明または半透明の袋に入れて、ごみ集積場所に備え付けている「青い回収ボックス」に出す。

最後まで使い切ったはずなのに、まだ中身の音がする場合等は、商品に記載されているメーカーに問い合わせてください。

カセットボンベのメーカーが不明な場合は、日本ガス石油機器工業会(電話:0120-14-9996)へお問い合わせください。

 

ライターの出し方

盛岡地域

ガスやオイルを使い切り、ライターだけを別の袋に入れ、不燃ごみへ出してください。

都南地域

ガスやオイルを使い切り、ごみ集積場所に備え付けてある「乾電池回収箱」へ出してください。

玉山地域

ガスやオイルを使いきり、透明または半透明の袋に入れ、ごみ集積場所に備え付けてある「回収ボックス」へ出してください。

モバイルバッテリーの出し方

盛岡地域、都南地域

販売店等へお問い合わせください。

玉山地域

危険ごみの「青い回収ボックスへ出してください。

 

加熱式たばこの出し方

盛岡地域、都南地域

販売店等へお問い合わせください。

玉山地域

充電池等は取り外して危険ごみの「青い回収ボックスへ、本体は不燃ごみへ出してください。

よりよいウェブサイトにするために、このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

環境部 資源循環推進課
〒020-8531 盛岡市若園町2-18 盛岡市役所若園町分庁舎3階
電話番号:019-626-3733(資源化推進係) ファクス番号:019-626-4153
環境部 資源循環推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。