市街地にイノシシが出没しています。

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1029309  更新日 令和3年10月7日 印刷 

イノシシの出没状況について

岩手県内では、平成23年に一関市で確認されて以降、生息域が拡大し、盛岡市においても農作物の被害が報告されています。有害捕獲を継続して行っておりますが、令和1年頃から市内各所での目撃情報が寄せられています。

最近(令和3年)の目撃情報は次のとおりです。なお、目撃情報が寄せられた場合には、市の職員が盛岡猟友会とともに現地の確認を行っておりますが、以下の情報には足跡やイノシシ特有の痕跡の有無により、ニホンカモシカを誤認した可能性があるものも含まれております。

イノシシ目撃情報一覧表

NO.

年月日 時刻 場所 内容
1

令和3年4月8日

9時30分頃 上田四丁目(岩手大学工学部付近) 岩手大学工学部のグラウンド付近からNHK交差点方向に1頭のイノシシらしき動物が移動しているのを目撃した。
2 令和3年5月13日 19時20分頃 東山二丁目6番付近

1頭のイノシシらしき動物が林の中にとどまっているのを目撃した。

3

令和3年5月17日

11時20分頃 黒石野二丁目16番付近

1頭のイノシシらしき動物が道路上を走り去るのを目撃した。

4 令和3年5月21日 15時15分頃 高松三丁目7番地内

イーストヒルズ高松の敷地内にイノシシが1頭おり,高松の池の方向に移動して行ったのを目撃した。

5

令和3年7月9日 不明 繋字猿田1番37号(特別養護老人ホーム繋松苑) 最近、繋松苑の駐車場で複数回イノシシを目撃している。
6 令和3年9月28日 21時30分頃 上太田三枚橋付近 道路横断中の成獣1頭を目撃した。

イノシシに出会ったら

イノシシはもともと臆病でおとなしい動物ですが、興奮していたり、発情期(秋から冬にかけて)には攻撃的になります。突進力があり、オスは鋭い牙を持っていますので、注意が必要です。

イノシシに出会ったら、刺激を与えず、興奮させないことが大切です。ゆっくり静かにその場を離れましょう。イノシシが近づいてきても、慌てずにゆっくり後ずさりして離れましょう。

棒で追い回したり、石を投げたりすると、イノシシが興奮をして大変危険です。

餌を与えてはいけません

イノシシの子供(ウリ坊)は可愛らしいものですが、近くに母親イノシシがいたり、人に慣れることにより人身被害を起こす場合がありますので、餌は絶対に与えないでください。

また、イノシシは雑食性で餌場を覚えますので、家庭菜園や畑の周りに野菜くずや生ごみなど餌になるものを放置しないようにしてください。

よりよいウェブサイトにするために、このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

環境部 環境企画課 環境保全係
〒020-8531 盛岡市若園町2-18 盛岡市役所若園町分庁舎2階
電話番号:019-613-8419 ファクス番号:019-626-4153
環境部 環境企画課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。