性暴力の被害をなくそう!

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1022064  更新日 令和4年5月9日 印刷 

性暴力の被害に遭わないために

啓発リーフレット

 AV(アダルトビデオ)出演強要や「JKビジネス」と呼ばれる営業、レイプドラッグ問題、酩酊状態に乗じた性的行為、SNS利用に起因する性被害など、若年層の様々な性犯罪・性暴力問題が発生しています。

 こうした問題は、被害者の尊厳を著しく踏みにじる行為であるとともに、重大な人権侵害であり決して許されるものではありません。

 また、令和4年4月1日から民法の一部を改正する法律が施行され、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられました。これにより、18歳になると一人で有効な契約をすることが可能となり、未成年者取り消しができなくなるため若年層の性暴力被害の深刻化が懸念されています。

 内閣府では専用サイトを開設、進学や就職等に伴い若者の生活環境が大きく変わり、被害に遭うリスクが高まる4月を「若年層の性暴力被害予防月間」と位置付け、その根絶に取り組んでいます。

 「AV出演強要」や「JKビジネス」に関する、被害事例や被害に遭わないための対策、相談窓口が掲載されています。

 詳しくは内閣府男女共同参画局ホームページ内の専用サイトをご覧ください。

よりよいウェブサイトにするために、このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

市民部 市民協働推進課 男女共同参画推進室
〒020-8530 盛岡市内丸12-2 盛岡市役所本館1階
電話番号:019-626-7525 ファクス番号:019-622-6211
市民部 市民協働推進課 男女共同参画推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。