松くい虫被害対策について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1008277  更新日 令和4年8月22日 印刷 

盛岡市における松くい虫被害について

平成21年10月15日に大ケ生地内で松くい虫被害の疑いのあるアカマツが発見されました。岩手県林業技術センターおよび独立行政法人森林総合研究所の分析により病原体であるマツノザイセンチュウが検出され、盛岡市で初めての松くい虫被害であることが確認されました。

令和3年度には、これまで被害の確認されていた盛岡市手代森、上飯岡、湯沢、新庄、川目、門、三ツ割、東桜山、玉山、玉山馬場、巻堀、寺林、下田地区等で駆除を実施しました。滝沢市や八幡平市、岩手町との市町境の地区においても、継続的に被害が確認され駆除を実施しており、今後も被害の拡大が懸念されます。

松くい虫被害とは

マツノザイセンチュウ(病原体)という体長約1ミリメートルの線虫がマツノマダラカミキリ(病原体を運ぶ虫)を媒介して主にアカマツ(マツ類を含む)に感染する伝染病で、感染したマツの組織が破壊されて枯死するマツ材線虫病のことをいいます。

被害木の早期発見について

松くい虫被害の拡大を防止するために、早期発見に協力願います。

森林や庭で枯れたアカマツ、クロマツを発見した場合は、次の連絡先までお知らせ願います。

また、枯損木の所有者には、材片採取および被害木などの駆除について、承諾をお願いすることになりますので併せて協力をお願いします。

連絡先

森林区域のアカマツが枯れた場合は、林政課へ

盛岡市役所林政課(電話:019-651-4111、内線6055~6057)

森林区域以外で庭木などのアカマツ、クロマツが枯れた場合は、公園みどり課へ

盛岡市役所公園みどり課(電話:019-651-4111、内線7264~7265)

松くい虫被害材の移動禁止について

盛岡市は、平成27年度から被害材の移動禁止に係る対象区域に指定されました。

被害材だけでなく、健全なアカマツ材についても、被害発生地域から未被害地域への移動を自粛するようにお願いします。

松くい虫対策としてのアカマツ伐採施業指針の遵守について

アカマツを伐採する場合は、岩手県の「松くい虫対策としてのアカマツ伐採施業指針」による伐採時期および処理方法に制限があります。

盛岡市松くい虫被害対策地区実施計画の公表

盛岡市は、松くい虫被害対策のため平成24年4月1日を始期とする松くい虫被害対策地区実施計画を策定し、保全が必要な森林を定め公表しています。

【計画期間】
平成24年4月1日から(終期なし)
平成25年3月27日第一回計画変更(区域の追加)
令和4年8月22日第二回計画変更(区域の削除)

【閲覧場所】盛岡市役所若園町分庁舎5階の林政課

【時間】 8時30分~17時30分(土曜・日曜日、祝日を除く)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイトからダウンロード(無料)してください。

よりよいウェブサイトにするために、このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

農林部 林政課
〒020-8531 盛岡市若園町2-18 盛岡市役所若園町分庁舎5階
電話番号:019-626-7541 ファクス番号:019-651-6248
農林部 林政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。