認定店「ベーカリー銀河夢」

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1029717  更新日 令和2年8月6日 印刷 

盛岡産アロニアを使った2つの商品が認定されました。

認定商品「アロニアカスタードクリーム」

「アロニアカスタードクリーム」の写真
「アロニアカスタードクリーム」(160円(税込み))

アロニアを知らない人も多いので、試しに買ってみてもらえるように手頃な価格にしているそう。あえて果実の形を残して、パンに付けた「小窓」からアロニアをのぞかせています。モチモチ食感のパンとアロニアの甘酸っぱさがとても良く合います。

お店のご主人・高屋幹夫さんは「アロニアは、冷凍・解凍を繰り返して渋抜きをします。その後煮込んでいきますが、いかにして果実の形を残したまま内側まで甘さを浸透させるかがポイント。一晩寝かせてを繰り返したりしながら調節しています」と教えてくれました。

認定商品「アロニアラスク」

「アロニアラスク」の写真
「アロニアラスク」(250円(税込み))

アロニアを煮込んだときの汁を使ったラスク。食パンに染み込ませてオーブンで乾燥させました。パリパリ、カリカリした食感とアロニアの風味が楽しめます。

※アロニアの煮込み具合でラスクを作れる量が変わるため、不定期販売になります。


高屋さんご夫妻の写真

パンづくりについて高屋さんは「思ったものが出来上がるまでの過程が面白い。今回はこれを試したらこうなった。じゃあ次は何をどうしていこうかと。例えば、盛岡のりんごをコンフィチュールにするとき、りんご1個1個の味が違うから混ぜ合わせたら当然味は毎回異なる。それを店の味にまとめていくのを想像してくれれば分かりやすいかな。組み合わせを悩むこともあるが、最終的に美味しく出来上がったものを自分が食べられるから楽しい」と笑顔で話していました。

また、いわて特産品コンクール(岩手県・公益財団法人いわて産業振興センター主催)にも毎年のように出品しているという勉強熱心な一面も。


店内商品棚の写真

お手頃な価格帯の商品が並ぶ店内では、取材にお邪魔した日も、トレーにパンを山盛りに乗せたファンがいらっしゃいました。まさに地元の人に愛される「まちのパン屋さん」です。


ところで、アロニアって?

アロニアの写真

北米原産のバラ科の果樹。耐寒性に優れ、東欧や北欧でも栽培され、ジャムやジュース、果実酒に利用されています。

目の疲労回復などに効果が高いとされるアントシアニンをブルーベリーの約3倍、ベータカロテンをトマトの約1.4倍、食物繊維をバナナの約6倍も含み、健康食材としてあらためて注目されています。

「盛岡ベリー」とも呼ばれ、市内の産直でも冷凍アロニアを販売しています。

店舗情報

ベーカリー銀河夢

お店の様子の写真

  • 所在地:盛岡市紺屋町7-12
  • 営業時間:9時~17時※無くなり次第閉店
  • 定休日:日曜
  • 問い合わせ:019-625-0979

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイトからダウンロード(無料)してください。

よりよいウェブサイトにするために、このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

農林部 農政課
〒020-8531 盛岡市若園町2-18 盛岡市役所若園町分庁舎4階
電話番号:019-626-7540(農政企画係),019-613-8457(生産振興係),019-613-8458(経営支援係),019-613-8459(農村整備係),019-626-2270(食と農の連携推進室)  ファクス番号:019-653-2831
農林部 農政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。