盛岡の歴史と遺跡3(縄文時代2)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1009458  更新日 令和3年12月13日 印刷 

遺跡の発掘調査からわかる盛岡の歴史を紹介(縄文時代編2)

縄文時代(約1万2000年~2300年前)2

縄文土器のうつりかわり

縄文時代中期〔約5000~4000年前〕には,美しい造形の土器が大量に作られるようになり,その形も深鉢形・キャリパー形,樽形,浅鉢形,吊手付など,種類が豊富となります。盛岡では「大木式(だいぎしき)」と呼ばれる独特の美しい渦巻き文様が特徴的です。
縄文時代晩期〔約3000~2300年前〕になると,「大洞式(おおぼらしき)」と呼ばれる土器が東北全域でつくられ,遠く関西地方にまで影響を及ぼすようになります。精緻な文様をていねいにレリーフ状にしたり,漆や朱・ベンガラなどで赤彩するものもあります。これらは日常の煮炊きではなく,まつりやまじないの時に用いられたと考えられています。太田地区猪去の上平(うわだいら)遺跡や玉山区川又地区の宇登1(うど1)遺跡,玉山区渋民地区の田の沢D(たのさわディー)遺跡からは,さまざまな器種の美しい土器が多数出土しています。

深鉢形土器の写真
深鉢形土器(繋遺跡)
キャリパー形土器の写真
キャリパー形土器(大館町遺跡)
樽形土器の写真
樽形土器(大館町遺跡)
香炉形土器・注口土器の写真
香炉形土器(左)・注口土器(右)(田の沢D遺跡)

道具・装い・祈り

縄文時代になると,狩りの道具として弓矢(ゆみや)が使われるようになり,その矢じりとして石鏃(せきぞく)がつくられました。また,木を切るための石斧(せきふ),獲物を解体するための石匙(いしさじ),木の実をつぶすための石皿と磨り石など,生活に必要な石器を道具としました。
一方で,アクセサリーとしてきれいな石や素焼きの耳飾り,ヒスイ製のペンダントなども出土します。
そして,まつりやまじないに使われたと考えられる土偶(どぐう)も,縄文時代中期から板状のものがつくられるようになります。後期には,繋地区の蒔内(しだない)遺跡でダム建設に伴う岩手県教育委員会の発掘調査の際,人間大の大型土偶の頭部が出土しています。さらに晩期になると土偶が多くなり,都南地区の手代森(てしろもり)遺跡では,岩手県埋蔵文化財センターの発掘調査で大型の遮光器土偶(しゃこうきどぐう)がほぼ完形で出土し,国指定重要文化財となっています。土偶は,その形態から女性を表現していると考えられ,また壊された状態で出土することが多く,縄文人の風習や信仰をうかがうことのできる貴重な資料です。また,玉山区川又地区の宇登1(うど1)遺跡からは土面(どめん)も出土しています。

縄文中期の土偶の写真
土偶(大館町遺跡)
縄文中期の耳飾の写真
耳飾(大館町遺跡)
縄文中期のヒスイ垂飾品の写真
ヒスイ垂飾品(川目C遺跡)
縄文晩期の石器の写真
石器(宇登1遺跡)
縄文晩期の土面の写真
土面(宇登1遺跡)
遮光器土偶の写真
遮光器土偶(手代森遺跡)

PDFファイルをご覧いただくには,Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイトからダウンロード(無料)してください。

よりよいウェブサイトにするために,このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

教育委員会 遺跡の学び館
〒020-0866 盛岡市本宮字荒屋13-1
電話番号:019-635-6600 ファクス番号:019-635-6605
教育委員会 遺跡の学び館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。