盛岡の歴史と遺跡1(旧石器時代)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1009456  更新日 平成28年8月21日 印刷 

遺跡の発掘調査からわかる盛岡の歴史を紹介(旧石器時代編)

旧石器時代(約8万~1万2000年前)

マスコットキャラクター「みっけ」のイラスト

今から2万年以上前の日本列島は,西のアジア大陸と地続きになっていました。当時は氷河期にあり,地球の大半が氷におおわれ,海面が今より低くなっていたのです。そのころ,ナウマンゾウやオオツノジカ・ヘラジカなどの大型動物を追って,人類が現在の日本列島にやってきたと考えられています。

市内出土の最古の石器

尖頭器の写真
尖頭器(小石川遺跡)

盛岡で旧石器人が生活した跡は,岩胴ダム(岩洞湖)のほとりにある,小石川(こいしかわ)遺跡〔玉山区薮川(やぶかわ)〕からみつかっています。旧玉山村教育委員会が発掘調査を行い,約1万3000年前の地層から,槍(やり)の先につける尖頭器(せんとうき)という石器と,石器をつくる際に出る剥片(はくへん)や石核(せきかく)が出土しました。石材には,黒曜石(こくようせき)や頁石(けつがん)といった,遠く西の奥羽山脈付近から持ち込まれたと考えられるものもあります。
また,大橋(おおはし)遺跡〔玉山区薮川〕からは,旧石器時代終末期につくられた細石刃(さいせきじん)という小さな石器がみつかっていて,木や骨の柄に埋め込んで槍として使われていたと考えられます。

石核と剥片の写真
石核と剥片(小石川遺跡)
復元された細石刃装着の写真
細石刃の装着(復元)

PDFファイルをご覧いただくには,Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイトからダウンロード(無料)してください。

よりよいウェブサイトにするために,このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

教育委員会 遺跡の学び館
〒020-0866 盛岡市本宮字荒屋13-1
電話番号:019-635-6600 ファクス番号:019-635-6605
教育委員会 遺跡の学び館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。