第3回:新渡戸稲造(にとべいなぞう)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1009530  更新日 令和2年8月13日 印刷 

新渡戸稲造(1862年~1933年)

太平洋のかけ橋

新渡戸稲造(にとべいなぞう)の写真

新渡戸(にとべ)稲造は文久2年(1862)8月8日、盛岡鷹匠小路(現:盛岡市下ノ橋町)にて盛岡藩士新渡戸(にとべ)十次郎(じゅうじろう)、せきの3男として生まれた。札幌農学校在学中にキリスト教の洗礼を受け、卒業後にアメリカ、ドイツへ留学し農学、経済学などを学ぶ。
帰国後札幌農学校教授となるが体調を崩し、米カリフォルニア州で療養する。
その間に妻や恩師に問われていた日本の伝統的な道徳教育についての考えを『BUSHIDO(ぶしどう) THE SOUL OF JAPAN』としてまとめて出版。この本は日本文化の紹介書として各国語に翻訳され、今も版を重ねている。のちに京都帝国大学や東京帝国大学で教鞭をふるい、第一高等学校校長、東京女子大学学長などを歴任、その人格教育は多くの生徒に影響を与えた。また当時遅れていた女子教育にも取り組んでいる。国際連盟の設立時にはその深い学識と高潔な人格のため事務次長に推され、スイスに渡り連盟の発展に寄与する。
昭和59年(1984)11月1日から約23年間に渡り、5,000円札の肖像に採用された。平成16年(2004)11月1日に樋口一葉(ひぐちいちよう)と交代したが、今なお旧5,000円札の肖像として人々に親しまれている。

掲載日:平成16年11月10日

よりよいウェブサイトにするために、このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

教育委員会 歴史文化課
〒020-8532 盛岡市津志田14-37-2 盛岡市役所都南分庁舎3階
電話番号:019-639-9067 ファクス番号:019-639-9047
教育委員会 歴史文化課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。