上田三小路(うえださんこうじ)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1009412  更新日 平成28年8月21日 印刷 

上田三小路(うえださんこうじ)

上田三小路は、江戸時代、中下級の武家屋敷が集まっていた上田小路、与力小路、上田新小路の3つの町を総称したもの。

上田小路は、梨木町から上田への登り口に尼寺高源寺(こうげんじ)があったことから、当初は上田門前町と呼ばれていた。高源寺には、近世初頭に藩重臣の北秀愛(ひでちか)亡き後の奥方が尼となって入山、高源寺殿と呼ばれた。また、この寺の前の坂を高源寺坂とか、訛って「こうらひ」坂とも呼ぶようになった。

与力小路は、元和元年(1615年)の屋敷割で足軽町になり、上田新小路は、嘉永5年(1852年)に、城下の諸士屋敷が不足していた時にできた侍町である。この地は、明治35年(1902年)、盛岡高等農林学校(現岩手大学農学部)が創立された際、学校構内に編入された。ここで宮沢賢治も勉学に励み、植物園の樹木は、武家屋敷の庭園のたたずまいを伝え、石川啄木の妻節子生誕の地も構内にある。

「岩大農学部通用門」付近

昭和54年(1979年)の写真
昭和54年(1979年)
平成21年(2009年)の写真
平成21年(2009年)

よりよいウェブサイトにするために、このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

環境部 環境企画課
〒020-8531 盛岡市若園町2-18 盛岡市役所若園町分庁舎2階
電話番号:019-626-3754 ファクス番号:019-626-4153
環境部 環境企画課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。