国民健康保険税の納め方

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1003580  更新日 令和4年7月6日 印刷 

普通徴収(窓口納付または口座振替)により納付する人

国民健康保険税(以下国保税)の納税通知書は、毎年7月にお送りします(令和4年度は7月11日に発送します。)。通常4月から翌年3月までの1年分を7月から翌年2月までの8回に分けて納めます(各月の納期限日は月末ですが、月末が休日の場合には、翌営業日が納期限日になります。)。 年度の途中で加入した人は、届け出の翌月から納付が始まります(届出月により納付回数が異なります。)。

令和4年度の普通徴収の納期

  • 第1期:令和4年8月1日
  • 第2期:令和4年8月31日
  • 第3期:令和4年9月30日
  • 第4期:令和4年10月31日
  • 第5期:令和4年11月30日
  • 第6期:令和4年12月26日
  • 第7期:令和5年1月31日
  • 第8期:令和5年2月28日

便利な口座振替を利用ください

国保税の納付には、便利で確実な口座振替の利用をお勧めします。納税通知書と通帳、通帳届け出印を用意して、金融機関へ申し込みください。全納期分の一括振替もできます。

口座振替依頼書兼公金口座振替届はダウンロードできます。ただし、ダウンロードした口座振替依頼書は金融機関への提出はできませんので注意ください。健康保険課もしくは納税課でのみ受け付けます。

特別徴収(年金天引き)により納付する人

  1. 特別徴収の対象の人は、支給される年金からの天引きにより国保税を納めます。
  2. 特別徴収の対象となる人は、国民健康保険に加入する世帯員全員が65歳以上75歳未満の世帯の世帯主で、年額18万円以上の年金を受給し、介護保険料と国民健康保険税の合算額が年金受給額の2分の1を超えない人です。
  3. 4月から翌年3月までの1年分の国保税を4月から翌年2月までの6回(年金支払月毎)に分けて年金から天引きします。

納付方法を普通徴収(口座振替)に変更できます。

特別徴収の対象の人であっても、国保税の納付方法を普通徴収(口座振替に限る)に変更することができます。

手続きの方法

納税通知書、通帳および届出印を持参の上、口座振替取扱金融機関の窓口で口座振替の手続きをしてください。金融機関での手続が終了後、口座振替依頼書(本人控)と印鑑を持参の上、盛岡市の窓口で口座振替納付申出書を提出してください。

後日、変更後の納期が記載された納税通知書を送付しますので、内容について確認してください。

なお、申出書の提出日によって、年金天引きが中止になる時期が異なります。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイトからダウンロード(無料)してください。

よりよいウェブサイトにするために、このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

市民部 健康保険課 徴収係
〒020-8530 盛岡市内丸12-2 盛岡市役所別館1階
電話番号:019-613-8438 ファクス番号:019-622-6211
市民部 健康保険課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。