セルフメディケーション税制に関する健診の証明について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア

広報ID1021831  更新日 令和3年12月28日 印刷 

証明書発行対象期間の延長について

証明書発行対象となる期間が、令和8年12月31日まで延長となりました。

制度説明や証明書発行手続につきましては、下記の掲載内容をご覧ください。

セルフメディケーション税制とは

健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日から令和8年12月31日までの間に、自己または自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る一定のスイッチOTC医薬品の購入の対価を支払った場合において、その年中に支払ったその対価の額の合計額が1万2000円を超えるときは、その超える部分の金額(その金額が8万8000円を超える場合には8万8000円)について、その年分の総所得金額等から控除できる医療費控除の特例です。

ただし、従来の医療費控除を同時に利用することはできません。従来の医療費控除制度とセルフメディケーション税制のどちらの適用とするか、対象者ご自身で選択することになります。

この制度について、詳しくは盛岡市財政部市民税課(019-613-8497・019-613-8498)又は盛岡税務署(019-622-6141)にお問い合わせください。

<スイッチOTC医薬品とは>
医師によって処方される医療用医薬品から、ドラッグストア等で購入できるOTC医薬品に転用された医薬品です。
対象となるOTC医薬品(約1500品目)は厚生労働省のホームページで掲載しているほか、一部の製品については関係団体による自主的な取組により、対象医薬品のパッケージにこの税制の対象である旨を示す識別マークが掲載されています。

証明書の発行を受けられる方

盛岡市健康保険課では、次の方に証明書を発行します。

特定健康診査または人間ドックを受診したが、結果通知表をお持ちでない方(又は通知表に保険者名の記載がない場合)
※健康保険課で発行ができるのは、特定健康診査及び人間ドック共に盛岡市国民健康保険の費用助成を受けて受診された場合に限ります。
75歳以上の方で後期高齢者医療による後期高齢者医療健康診査又は人間ドックを受診された方は、岩手県後期高齢者医療広域連合(019-656-7500)にお問い合わせください。

ただし、次の書類をお持ちの方は、このいずれかを用いて制度の適用を受けてください。
・盛岡市国民健康保険が実施する特定健康診査の結果通知表(健康手帳可)
・予防接種の領収書(原本)又は予防接種済証
・市町村が実施するがん検診の領収書又は結果通知表
・勤務先で実施される定期健康診断の結果通知表(「定期健康診断」という名称又は勤務先の記載があること)

証明書発行依頼方法

<必要なもの>
・申請者の保険証

上記を御持参の上、健康保険課窓口にお越しいただき、証明依頼書への記入をお願いします。
健診の受診状況等によっては、証明依頼書の発行に2週間程度お時間をいただきますので余裕を持って御依頼ください。
証明依頼書は下記よりダウンロードすることも可能です。
 

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイトからダウンロード(無料)してください。

よりよいウェブサイトにするために、このページにどのような問題点があったかをお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?




このページに関するお問い合わせ

市民部 健康保険課 業務係
〒020-8530 盛岡市内丸12-2 盛岡市役所別館1階
電話番号:019-626-7527 ファクス番号:019-622-6211
市民部 健康保険課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。